緑区版 掲載号:2018年9月13日号
  • googleplus
  • LINE

「みどり・歌の会」の代表を務める 植木 武裕さん 長津田みなみ台在住 74歳

飽くなき探求心を音楽へ

 ○…長津田地区センターで行われた音楽講座「緑区の歌を歌おう♪」。緑区のイメージソングを歌いながら、交流を深める同講座の講師を務めあげた。今年7月、さらなる上達を目指し、継続的に歌の練習に励む「みどり・歌の会」を参加者らと一緒に立ち上げた。現在、10月にある祭りに向けて練習を重ねているという。「歌は、ストレス発散にもなるし、仲間もたくさん増える。良いことだらけだよ」と笑う。

 ○…大阪府生まれ。子どもの頃は、動植物の観察ばかり。「なぜ、植物は成長するのか」。そんな素朴な疑問を頭の中に思い浮かべる日々。植物の光合成について、大学院まで研究に没頭した。「探求することが大好きなんだ」。卒業後、(株)ブリヂストンに入社。長年、新タイヤの開発などに情熱を注いできた。自身の行ってきた研究とは、畑違いだったが、培った探求心を存分に発揮した。

 ○…40代の頃、がんで妻に先立たれたことが人生の転機となった。2人の娘はまだ小学生だったが、海外出張もあり、多忙な日々。「子どもとの時間を大切にしたい」と、会社を辞め、予備校の教師へ転身し、子どもを育てあげた。音楽との出合いは、50歳の頃。カラオケが上手くなりたいと、合唱団に飛び込んだ。それまでは音楽と無縁の生活。持ち前の探求心を音楽に注ぎ込み、みるみる上達。区内外問わず、コンサートを自ら企画するほどになった。来月もイタリアなどへ音楽修業に出かけるなど、フットワーク軽く飛び回る。

 ○…5年前からは、健康のため水泳も始めた。泳ぎの上手い人を見つけては、話しかけ、自身の泳ぎ方のアドバイスをもらうという。「何歳になっても挑戦していたい。失敗したことも多い。でも、挑戦してきたからこそ、今の自分がある」

緑区版の人物風土記最新6件

伏見 ひろ子さん

書道を教えるボランティアを10年以上続けている

伏見 ひろ子さん

9月6日号

小林 和久さん

9月に行われる中途障がい者運動会「ミドリンパーク」の実行委員長を務める

小林 和久さん

8月30日号

鈴木 智夫さん

「横浜市アマチュア無線非常通信協力会」の会長を務める

鈴木 智夫さん

8月23日号

山田 彩実さん

19日にみどりアートパークでピアノリサイタルを行う

山田 彩実さん

8月9日号

濱田 舟志(しゅうじ)さん

「スイーツ甲子園」で審査員を務める

濱田 舟志(しゅうじ)さん

8月2日号

浅井 悦男さん

横浜みどりライオンズクラブの会長に就任した

浅井 悦男さん

7月26日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多彩な作品ずらり

みどりアートパーク

多彩な作品ずらり

アーツ&クラフツ個展

9月22日~9月24日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク