緑区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

鴨居商栄会の会長に就任した 串田 賢司さん 鴨居町在住 52歳

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena

我が街鴨居を活性化

 ○…生まれも育ちも鴨居。「これ、今読んでいるんだ」と手渡されたのは、他商店街の取り組み事例。会長就任を機に勉強に拍車がかかる。地元愛に溢れる新会長は鴨居商栄会に加盟する店舗だけが発展すれば良いという考えはまったくない。「鴨居駅周辺全体を活性化させたい」とコロナ禍でもしっかりと前を向く。「一丸になれるのが鴨居らしさ。そこに大きな可能性はある。仕掛けていきたい」とはっきり言い切る姿には自信がみなぎっていた。

 ○…子どもの頃の鴨居商栄会のイメージを聞けば「華やかだったね」と一言。多くの人が集まり、商店街で会話をする。街には笑顔が溢れていたという。「そんな活気を取り戻したいね」。実は元から商人だったわけではない。人命救助に憧れ、高校卒業後に医療の専門学校へ。病院で勤務していた時期もある。

 ○…水道工事などを行う串田設備が軌道に乗り始め、息子を巻き込みたかった父親の迫真の演技が転機に。「体の調子が悪いふりをされてね。会社を手伝うことにしたんだ」と話すが、「地元に関わりたかった」という思いが根底にあり、決断。商売を始めると、足りないことだらけ。「人の話を聞け」という父の言葉を信じ多くの人から学ぶ日々。自然と人付き合いを大切にする経営者へと育てられていった。

 ○…”街の水道屋さん”を目指して走り続けてきた。だが、家族との時間も大切にしたいと自宅にはバーベキューを楽しめる設備も。家の中でも家族と会話を弾ませる。一人で考えを整理したい時は、近所の鶴見川沿いを歩く。コロナ危機で考えなくてはいけないことも多い。だが、地域で育てられた商人の頭の中には明るい鴨居の未来がすでに思い浮かんでいるのかもしれない。

緑区版の人物風土記最新6

高田 有香子さん

音楽ワークショップ「オトテバコとオトあそび!」を主催する

高田 有香子さん

長津田町在住 47歳

5月26日号

宮野 勝秋さん

今春の叙勲で瑞宝双光章を受章した

宮野 勝秋さん

長津田在住 78歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

陶山 葉子さん

東本郷地域ケアプラザの所長に就任した

陶山 葉子さん

藤沢市在住 56歳

5月5日号

星野 三喜夫さん

東洋英和女学院大学の第7代学長に就任した

星野 三喜夫さん

青葉区在住 66歳

4月28日号

加藤 幹典さん

元プロ野球選手として各地で野球教室を開き、小中学生に指導する

加藤 幹典さん

緑区出身 川和高校卒 36歳

4月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook