緑区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

旧緑区(現・青葉区)で起きた米軍機墜落事故を語り継ぐ活動を行う 斎藤 淑子さん 長津田在住 82歳

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena

「生涯、語り継いでいく」

 ○…県議として、本会議の議場にいた1977年9月27日午後。議会事務局員に一枚のメモ用紙を手渡された。そこには「緑区に米軍ジェット機が墜落」と記されていた。その後、被害者やその家族にも面会。事故現場は「戦場のようだった」と振り返る。「風化させてはいけない」と講演活動などを行ってきた。また、墜落の全貌を書き記した「ウワーッ!飛行機が落ちてくる」を出版。「語り続けなくてはいけない」。その思いは事故から44年経った今も変わらずにいる。

 ○…山形県出身。小学生の時、自分が書いた絵を教諭が褒めてくれた。一人ひとりの児童に優しく接しながら、成長を促せる教諭を志した。大学卒業後、山形県の小学校に1年勤め、都筑区の小学校で12年間教鞭をとった。「憧れた先生のようになりたくて、一生懸命頑張ったね」と笑った。

 ○…高度経済成長の中、非行やいじめが社会問題化。「子どもたちを救うため、社会を変える政治家になろう」と決意。「教え子や保護者らが作ってくれた千羽鶴を選挙カーに付けてね。多くの人の期待に応えたくて」と懐かしむ。75年に県会へ出馬、当選を果たす。様々な人の声を形にするために奔走する日々を送ったという。事故を語り継ぐことは「仕事ではなく、私の生涯の活動となった。それくらい大きな出来事だった」。

 ○…趣味は、長年続ける茶道。今では、弟子も3人おり、教える立場としても活躍する。健康のために20年以上、太極拳も行っているという。また、散歩がてら四季の森公園や恩田川沿いなど、自然豊かな区内を歩くことを心掛けているそう。コロナ収束後には「地元の山形県、蔵王でスキーがしたい」と年齢を感じさせない若々しさを見せていた。

緑区版の人物風土記最新6

城守 夏恋(かれん)さん

初のオンライン開催となった学園祭「かえで祭」で実行委員長を務める

城守 夏恋(かれん)さん

東洋英和女学院大学3年

10月21日号

岡部 光雄さん

長津田の歴史をこのほど一冊の本にまとめた

岡部 光雄さん

長津田在住 88歳

10月14日号

堀尾 伸二さん

第一線で活躍する音楽家を招いた演奏会を長津田で定期的に企画している

堀尾 伸二さん

長津田在住 60歳

10月7日号

谷川 真祐子さん

長津田を中心に活動するハンドベルサークル「OBA(おば)サウンズ」代表を務める

谷川 真祐子さん

町田市在住 54歳

9月30日号

斎藤 淑子さん

旧緑区(現・青葉区)で起きた米軍機墜落事故を語り継ぐ活動を行う

斎藤 淑子さん

長津田在住 82歳

9月23日号

韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

みどり国際交流ラウンジで地域コーディネーターを務める

韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

相模原市在住 35歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook