緑区版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

地元農家とコラボしたクラフトビール作りを行っている 石田 美寿々(みすず)さん 三保町在住 35歳

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena

”ものにする”姿勢で前へ

 ○…1874年創業の老舗酒販店「坂口屋」の跡取り娘。昔からつながりの深かった佐藤農園とコラボしたクラフトビールの商品企画を行う。使用する農産物はすべて十日市場産。「醸造所も十日市場にある。まさに、地域で生まれたビール」とほほ笑む。商品名は、農家とコラボしたことがすぐに分かるよう「農×Beer(のびーる)」とした。「弊社と農家さんが一緒に”伸びていきたい”という意味も込めた」とにこり。「一缶に十日市場の魅力がぎゅっと詰まっています」

 ○…父の勧めもあり、大学生の頃に通ったワインスクール。経営者など様々な人に出会え、刺激をもらった場所だ。「国籍や性別、年齢関係なく、つながれるきっかけになる」と米国からワインを輸入する会社へ入社。魅力を消費者に伝え、試飲会の企画などに奔走する日々を送った。

 ○…会社員時代、ワインを学ぶためにオレゴン州へ約3カ月間研修に。英語は苦手だった。それでも、接客している会話をノートに書き取り、自宅で暗記した。「まだまだ米国でワインと英語を学びたい」。そんな思いが帰国後に沸き立ち、会社を辞め、夫婦で渡米。ワインの作り方や売り方を大学で学びながら、ワイナリーで働いた。「学んだことを仕事ですぐに実践。”ものにしてやろう”という姿勢で必死だった」と振り返る。

 ○…2人の子どもは、可愛い盛り。「自然が豊かで、商業施設などにも近い緑区は子育てがしやすい環境」と笑顔を見せる。帰国後は実家の坂口屋で働き、主に広報などを担当している。培った英語力などを生かして「『のびーる』を世界に発信していきたい」と夢を描き「まるで、我が子のように愛情と思い入れがある。多くの人に飲んでほしい」と語った。

緑区版の人物風土記最新6

岸本 美代子さん

「やさしい日本語講座」で初めて講師を務める

岸本 美代子さん

寺山町在住 41歳

12月2日号

岩下 和史(かずふみ)さん

関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会男子800mで優勝した

岩下 和史(かずふみ)さん

神大附属高等学校2年 

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

石田 美寿々(みすず)さん

地元農家とコラボしたクラフトビール作りを行っている

石田 美寿々(みすず)さん

三保町在住 35歳

11月4日号

常森 裕介さん

みどり子ども食堂を28日に立ち上げる

常森 裕介さん

台村町在住 39歳

10月28日号

城守 夏恋(かれん)さん

初のオンライン開催となった学園祭「かえで祭」で実行委員長を務める

城守 夏恋(かれん)さん

東洋英和女学院大学3年

10月21日号

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook