戸塚区版 掲載号:2011年8月18日号
  • googleplus
  • LINE

県が食中毒警報を発令 区でも被害発生 イベントで注意喚起

イベントには多くの人が足を止めた
イベントには多くの人が足を止めた

 神奈川県が7月27日に食中毒警報を発令、消費者や食品などの取り扱い業者に注意喚起している。同警報は県が過去の食中毒発生時の気象条件などを解析した予測式を用い発令日を決めている。例年2〜3ヵ月が発令期間。

 横浜市では今年8月1日までで337人の食中毒患者が出ており、同期比では過去5年で2番目に多い。戸塚区でも7月29日に鳥が丘の飲食店で食事をした31人に下痢や嘔吐などの症状が見られ、患者の便12検体中9検体からノロウィルスが検出された。同店は8月2日に営業禁止処分を受けたが、ノロウィルスに汚染されたと思われる食材を全て捨て、横浜市が従業員への衛生教育を行うなどして再発の恐れがないと判断、同4日に処分を解除した。戸塚福祉保健センターは「二次汚染を防ぐために手洗いをしっかりとするなど、営業者には細心の注意を払ってもらいたい」と話す。

 また、「市民食品衛生の日」として8月1日、戸塚区食品衛生協会が戸塚駅西口第1交通広場デッキで食中毒予防キャンペーンを行った。同協会の会員らは通行人に衛生面の意識を問うクイズ式アンケートを実施し、協力した人に除菌セットなどをプレゼントした。大正小学校児童の鼓笛隊による音楽演奏も披露された。

 気温や湿度の高い夏に増える食中毒だが、同センターによると、近年はノロウィルス被害が冬から春にかけて出るため、年を通じたものになっているという。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク