戸塚区版 掲載号:2012年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

検診で「不正咬合」を指摘されたら 戸塚駅東口徒歩2分 アポロ歯科・矯正歯科

同院のスタッフ
同院のスタッフ

 学校の歯科検診で歯並びについて指摘されたお子さんもいるのでは。日本矯正歯科学会が認定する「矯正専門医」の資格を持つ、戸塚駅東口の「アポロ歯科・矯正歯科」の藤井智巳副院長に子どもの矯正治療について話を聞いた。

―早めに矯正治療した方が良い場合はあるのか

 放置するとトラブルを引き起こしやすい不正咬合(こうごう)の例としては、奥歯の噛み合わせに異常がある場合、顎の形が歪んだり、顎関節に異常な負担がかかることがあります(図【1】)。また出っ歯では、唇との位置関係により悪化するタイプがあります(図【2】)。前歯の噛み合わせの異常により歯肉退縮を起こし、歯根が露出している場合も早めの処置が必要です(図【3】)。

―逆に成長してから治療した方が良い場合もあるのか

 顎の大きさ・形にかなり大きな問題があり、手術なども考慮に入れたケアをする場合は、歯の生え変わりや顎の成長をよく見極めてから対応します。その方のタイプに応じて治療法と時期を上手に組み合わせることによって、治療の負担を最小限にしながら効果を最大限に得ることができます。
 

アポロ歯科・矯正歯科

横浜市戸塚区矢部町5 コヤマビル1F

TEL:045-871-1180

http://www.apolloshika.com/

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク