戸塚区版 掲載号:2014年10月2日号 エリアトップへ

横浜の街を駆ける夢(下) 「支える」という参加

掲載号:2014年10月2日号

  • LINE
  • hatena

 横浜初の市民参加型フルマラソン。主催の横浜マラソン組織委員会は現在大会運営に関わるスタッフとして、約6千人のボランティアを募集している。ボランティアの仕事は誘導や荷物管理、給水など多岐にわたり、ランナーを支える必要不可欠な存在だ。一方、同組織委は「単にマンパワーとして必要という事だけではない。『走るのは苦手』という人も参加でき、楽しめる大会になれば」と望む。

 「ボランティアは支えるスポーツ」と話すのは林秀行さん(41歳・旭区)=写真。同大会ボランティアスタッフをまとめるリーダーの一人だ。林さんが初めてボランティアを務めたのは2009トライアスロン世界選手権シリーズ横浜大会。「走るのは苦手だが、初の地元開催だったので何かしらの形で携わりたかった」と話す。そこで知ったのは選手を近くで支える喜び。「こんな参加の仕方があったのか」と気付いたという。達成感に魅了され、その後もスポーツボランティアを継続。東京マラソンや湘南国際マラソンなど、大規模大会への参加は15回を超えた。レースを円滑に進行させるため、問題点を再現した改善レポートを提出したことも。「ランナーのために何ができるか」。常に念頭にあるのはそんな思いだ。

 ボランティアの立場からも横浜でのフルマラソンは待ち焦がれた大会。「地元開催なら、やらないわけがない。待ち望んでいた」と熱を込める。

円滑な運営目指す

 未経験者も多く参加することが予想される中、運営側は「経験豊富なボランティアの意見は貴重」と期待。意見を運営に反映させるという。今後は、11月に湘南国際マラソンで現場研修会を行うなど準備を進めていく。また、未経験者も交えた研修会で経験者とのギャップを埋めることも課題の一つだ。「スタッフ同士でコミュニケーションをとることが重要」と林さん。「ランナーもボランティアも『もう一度出たい』と思ってくれれば成功ですね」

(了)

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

横浜市戸塚区の陽性者前週から20人増

【Web限定記事】新型コロナウイルス

横浜市戸塚区の陽性者前週から20人増 社会

累計では1,084人

2月25日号

イチゴが食べごろ

区内農園

イチゴが食べごろ 文化

3月末までが甘さピーク

2月25日号

「自分を見つめるきっかけに」

男女共同参画センター

「自分を見つめるきっかけに」 社会

小山内理事長に聞く

2月25日号

ものづくり自慢展

26日・27日

ものづくり自慢展 経済

区総合庁舎3階で

2月25日号

市特定健診 受診率が低迷

市特定健診 受診率が低迷 社会

コロナによる控え顕著に

2月25日号

横浜の未来を語るイベント

【Web限定記事】一般社団法人ラシク045

横浜の未来を語るイベント 社会

3月6日オンラインで開催

2月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ベビーマッサージ講座

【Web限定記事】赤ちゃんとの絆づくりに

ベビーマッサージ講座

3月12日舞岡柏尾地域ケアプラザ(横浜市戸塚区)

3月12日~3月12日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク