戸塚区版 掲載号:2017年1月5日号 エリアトップへ

女子15人制ラグビー日本代表として12月のワールドカップ地区予選に出場した 三村 亜生(あおい)さん 戸塚区在勤 27歳

掲載号:2017年1月5日号

  • LINE
  • hatena

世界の舞台へ力強く

 ○…アイルランドで今夏開催される、女子ラグビーワールドカップ(15人制)。アジア・オセアニア予選大会が昨年12月に行われ、日本代表としてフィジー戦に出場した。本選出場をかけた大切な試合に「プレッシャーもあったが、とにかく自分のやるべきことをやろうと臨んだ」と振り返る。「自分の強みは運動量。みんなが疲れた時にこそ、走ろうと心がけた」。厳しい練習で培った団結力で、日本は快勝。4大会ぶりに本選の切符を掴んだ。

 ○…「ボールを持つ選手を、仲間が体を張って守り、つないでいく。だからこそトライの瞬間は、本当に嬉しい」と魅力を話す。現在、戸塚区の女子ラグビーチーム「YOKOHAMA TKM」の主将として、チームを率いる。大切にするのは、やはり団結力。「皆同じ方向を向くよう、ミーティングを大切にしています」と語る。メンバーのケガが多かった時期を脱し、チームの調子は上向きだ。

 ○…福井県生まれ。小学1年生の頃にバスケを始め、大学4年生までの16年間、常にキャプテンとして青春を捧げてきた。「最高のチームだった」という大学時代を終え「もう思い残すことはない」と思っていた頃に、バスケ部のコーチから思わぬ打診が。「ラグビーをやってみないか」。その瞬間「走るのが得意だから、向いているかも」と直感したという。はじめは体をぶつけ合うハードさに困惑したが、持ち前の運動能力を発揮し、力をつけていった。

 ○…2013年秋、初めて7人制ラグビー日本代表に選出され、中国戦に出場。この試合で、右ひざの靭帯を切る大けがをした。復帰には1年もかかったが、この時に感じた「もう一度世界の舞台に立ちたい」という気持ちが、今日まで体と心を突き動かしてきた。勤め先のデイサービスで触れ合う人の応援も、モチベーションの秘訣だ。「ワールドカップの選手として、ベスト8になる」。目を輝かせ、力強く話してくれた。

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

港北区在住 21歳

5月7日号

岸 信行さん

4月1日付で戸塚消防署長に就任した

岸 信行さん

泉区在住 57歳

4月29日号

伊藤 博之さん

3月22日付で戸塚警察署長に就任した

伊藤 博之さん

矢部町在住 58歳

4月22日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月15日号

B. Nazki(びー なつき)さん

第4回とつかソングコンテストのグランプリに輝いたシンガーソングライター

B. Nazki(びー なつき)さん

東京都在住32歳

4月8日号

小林 順子さん

第55回NHK障害福祉賞で最優秀に選ばれた

小林 順子さん

小雀町在住 52歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter