戸塚区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

ビルメンテと家事代行で利用者に笑顔の時間 贈る

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
横浜セイビ社員。右端が川口社長、左から2人目が川口常務
横浜セイビ社員。右端が川口社長、左から2人目が川口常務

 2021年に創業40周年の節目を迎える(株)横浜セイビ(川口健治代表取締役社長/本社汲沢町)は、ビルのメンテナンス・設備を主に手掛ける地元企業だ。本紙でお馴染みの家事代行サービス「コピエ」の運営も順調に推移しており、業務の一層の充実・精度向上を図っている。

 横浜セイビのビルメンテナンスの大きな柱となっているのが、30年ほど前から携わる千葉県市川市にあるショッピングセンター「ニッケコルトンプラザ」の施設内クリーニング。50人のスタッフを投入し、来客者が気持ち良く買い物ができる環境を整える。もう一方の柱が20年ほど前から関わっている、川崎市立多摩病院。医療関連サービス認定事業者として快適で環境衛生に秀でた施設づくりに貢献。このほかに設備管理事業では、電気、空調、機械、ボイラー、ビル管理士など有資格者を登用する。

人とのつながりを重視

 同社の川口大治常務取締役は「どの業務もすべて人と人のつながり、温かみがあってこそ成立します」と話す。例えば病院での清掃は、急患による出血やノロウィルス患者による嘔吐など難易度が高い。スタッフに専門の教育を行うほか、場合によっては心のケアを必要とすることもあるという。「ご依頼者様との信頼関係を築き、ご要望に応えつつ、弊社スタッフの働き易さも確保することが求められます」

社会情勢の変化に合致

 家事代行サービスの「コピエ」は、創業30周年時、川口社長が「進行する少子高齢化、核家族化社会で必ず必要とされる分野」との判断でスタートさせたもの。その読みはあたり、年々売上規模を拡大している。利用者はベビーシッターや料理作りなど子育て世代はもちろん、高齢者による、使わなくなった大きな家具、独立した子どもの机の処置などの依頼が近年増えている。そこから家のリフォームへの相談に広がり、建築会社など他業種との連携も増えているという。

特長は「裏方に徹すること」

 同社の特長はビルメンテナンス、家事代行ともに「目立つことなく、裏方に徹すること」にある。その場所で過ごす人が笑顔となり、豊かな時間を送れるようにすることに万全を尽くす。

 川口社長は「弊社の運営目標は経営陣で引っ張る『機関車型』ではなく、社員一人ひとりが動力となる『新幹線型』。世の中、社会、地域をしっかりと下支えする企業に成長させていきたい」と話した。
 

㈱横浜セイビ

家事代行サービス 単身・夫婦だけの高齢者に好評 

TEL:0120-957-757

http://www.copier.jp/

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

一人じゃない安心感

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

6月15日・ 27日 送迎付き見学会(体験昼食付)

6月4日号

不動産を現金化する時

ウスイホーム戸塚店(戸塚モディ地下1階)

不動産を現金化する時

おうちでリモート売却相談実施中

6月4日号

「薬局で可能なコロナ対策」

仁天堂薬局のコラム

「薬局で可能なコロナ対策」

【9】処方箋、受付中です

5月28日号

住まい・くらしのサポートセンター「オーケストライフ戸塚・泉・栄」

弁護士・税理士・司法書士等 11の士業団体でコーディネート

住まい・くらしのサポートセンター「オーケストライフ戸塚・泉・栄」

地元の各業種のプロが団結

5月28日号

サイン見逃さないで

サイン見逃さないで

梅雨・台風対策忘れずに

5月28日号

ドライブスルーで販売

本まぐろ直売所(横須賀市)

ドライブスルーで販売

「訳ありセット」大放出

5月21日号

総合内科を開設

困ったらまず最初に受診すべき診療科として、 「総合内科」を開設しました。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク