戸塚区版 掲載号:2021年4月8日号 エリアトップへ

第4回とつかソングコンテストのグランプリに輝いたシンガーソングライター B. Nazki(びー なつき)さん 東京都在住32歳

掲載号:2021年4月8日号

  • LINE
  • hatena

育て「ミンナノウタ.」

 ○…戸塚区のテーマソングを選ぶ「とつかソングコンテスト」。コロナの影響で今回は市民からのWEB投票となり、「ミンナノウタ.」がグランプリに。ゴスペル調の曲に前向きな歌詞がのせられ、優しく透き通るような声で歌われる曲は圧倒的な人気を博した。「作った曲の中で一番自分らしい。選ばれたことで本当に”みんなの歌”となることがうれしい」

 ○…幼い頃から歌やダンスが好きで、高校の頃にマライア・キャリーに憧れを抱く。「いつか全米でヒットしたい」と大きな夢を抱えながら、進学を機に上京。音楽活動を始めた。大学を卒業後、レコード会社に勤めながら歌を続けたが、あまりの忙しさに挫折。退職とともに歌手の夢をあきらめた。それでも歌への情熱は捨てきれず、8年前の再就職とともに活動を再開。以来歌う場を求め日本各地でライブに出演し、年に1回のワンマンライブでは乳幼児から90代までのファンが300人集まるほどだ。販売するアルバムを観客に手渡す瞬間が「たまらなく好き」とはにかむ。

 ○…戸塚との出合いは3年ほど前。自身が作詞作曲した曲を披露する場を探していた際に、行政が積極的な「音楽の街とつか」と出会う。区内で初めて歌った際にチラシが強風で飛ばされたこともあったが、「観客が一緒に拾ってくれた」とその温かさに惚れ込み、以来戸塚で定期的にライブを行うように。今回のコンテスト出場も、「縁もあったし、出るしかない」と即決だった。

 ○…この1年はライブ出演の機会も少なかった。この間を準備期間とし、今年は「勝負の年」と自らを奮い立たせる。「受賞できたからには戸塚から『ミンナノウタ.』を全国・世界に広めたい」とかつての夢をもう一度追いかける。
 

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

露木 光夫さん

今年改選期を迎えた戸塚区民生委員児童委員協議会の会長を務める

露木 光夫さん

深谷町在住 77歳

6月30日号

矢島 昭彦さん

横浜市幼稚園協会戸塚支部の支部長に就任した

矢島 昭彦さん

栄区在住 61歳

6月23日号

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

3年ぶりに市内で環境チャリティ・コンサートを開く戸塚ゆかりのソプラノ歌手

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

都内在住

6月16日号

白瀬 綾乃さん

この春から戸塚町と吉田町で年齢上限のない全障害者向けの造形教室を開講している

白瀬 綾乃さん

矢部町在住 44歳

6月9日号

山本 将央(まさなか)さん

3年ぶりの「とつか武道フェスティバル」を主催する協議会の会長を務める

山本 将央(まさなか)さん

汲沢在住 51歳

6月2日号

菊池 賢児さん

5月に戸塚区連合町内会自治会連絡会の会長に就任した

菊池 賢児さん

汲沢在住 73歳

5月26日号

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook