戸塚区版 掲載号:2021年4月8日号 エリアトップへ

第4回とつかソングコンテストのグランプリに輝いたシンガーソングライター B. Nazki(びー なつき)さん 東京都在住32歳

掲載号:2021年4月8日号

  • LINE
  • hatena

育て「ミンナノウタ.」

 ○…戸塚区のテーマソングを選ぶ「とつかソングコンテスト」。コロナの影響で今回は市民からのWEB投票となり、「ミンナノウタ.」がグランプリに。ゴスペル調の曲に前向きな歌詞がのせられ、優しく透き通るような声で歌われる曲は圧倒的な人気を博した。「作った曲の中で一番自分らしい。選ばれたことで本当に”みんなの歌”となることがうれしい」

 ○…幼い頃から歌やダンスが好きで、高校の頃にマライア・キャリーに憧れを抱く。「いつか全米でヒットしたい」と大きな夢を抱えながら、進学を機に上京。音楽活動を始めた。大学を卒業後、レコード会社に勤めながら歌を続けたが、あまりの忙しさに挫折。退職とともに歌手の夢をあきらめた。それでも歌への情熱は捨てきれず、8年前の再就職とともに活動を再開。以来歌う場を求め日本各地でライブに出演し、年に1回のワンマンライブでは乳幼児から90代までのファンが300人集まるほどだ。販売するアルバムを観客に手渡す瞬間が「たまらなく好き」とはにかむ。

 ○…戸塚との出合いは3年ほど前。自身が作詞作曲した曲を披露する場を探していた際に、行政が積極的な「音楽の街とつか」と出会う。区内で初めて歌った際にチラシが強風で飛ばされたこともあったが、「観客が一緒に拾ってくれた」とその温かさに惚れ込み、以来戸塚で定期的にライブを行うように。今回のコンテスト出場も、「縁もあったし、出るしかない」と即決だった。

 ○…この1年はライブ出演の機会も少なかった。この間を準備期間とし、今年は「勝負の年」と自らを奮い立たせる。「受賞できたからには戸塚から『ミンナノウタ.』を全国・世界に広めたい」とかつての夢をもう一度追いかける。
 

戸塚区版の人物風土記最新6

渡邉 泰雄さん

横浜薬科大学元教授で一般社団法人パクチーアカデミー協会の理事長を務める

渡邉 泰雄さん

戸塚区在勤 73歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

服部 一弘さん

11月5日に東戸塚でボランティア講座を行う「横浜移動サービス協議会」の理事長

服部 一弘さん

上矢部町在住 58歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

日本海オセアンリーグ運営事務局

大洋建設の応援する滋賀球団と北陸3県でプロ野球新独立リーグを設立

http://www.ocean-group.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook