神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区・泉区版 公開:2024年1月1日 エリアトップへ

(PR)

有限会社 石善 時代の流れ読み取り墓石の「不安」を「安心」へ

公開:2024年1月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 戸塚区深谷町に本社を置く(有)石善。職人かたぎの石材店としての顔を持つ一方、少子高齢化、単身世帯の増加に伴うなかで発生している「お墓を造っても継承できるのか?」という現代的不安の解消にも積極的なアプローチを続ける。「お墓のプロ」を目指す同社の取組みを取材した。

 「施主様のお墓への『不安』を、『安心』に変えるお手伝いをすること。それが当社の理念です」

 こう明快に語るのが松土仁代表取締役社長だ。

 1991年に創業した同社。昔ながらの職人だったという、父の背中を見て育ったことから、松土社長の墓石に対する愛着は人一倍深い。しかし大学卒業後入社した、大手葬儀・石材企業で日本人の意識の大きな変化を実感する。「大家族の減少を背景に、家族葬や樹木葬の希望者が年々増えました」と振り返る。

 実家に戻り、代表者に就任してから松土社長は、会社の仕組みを変化させていく。まず自身、社員の技術力に一層磨きをかけ、国家資格の石材施工技能検定一級取得者も生み出した。また、施主の要望を踏まえた、デジタルによる設計図や見積書の提示、石材の色を反映したカラー図面の提出などに着手。一方で「良いものは残す」という方針から、設計から施工まで外部発注せず、すべて自社の職人が行う手法は守り続けている。

樹木葬にも注力

 そして”新しい形の墓”としてニーズが高い「樹木葬」や「永代供養墓」にも近年力を入れている。泉区・岡津町にある墓苑「いずみの丘観音墓苑」はその考えを形にしたもの。さらに墓石や樹木葬への不安や疑問に応えようと、戸塚町に女性スタッフが在中する「お墓とご供養相談センター」(運営/NPO法人ずっとあんしんの会)も開設している。

藤沢・遊行寺に墓苑

 また、昨年からは藤沢市を代表する、時宗の総本山・遊行寺に新設された「遊行寺墓苑」も手がけており、事業は一歩一歩着実に広がりを見せている。

 「こちらの考えを押し付けるのではなく、施主様のお考えを第一としたご提案を心掛けています。その回答が樹木葬になることもあれば、墓石になることもあります。お墓の悩みは多岐にわたります。気軽にご相談を」と松土社長は話す。

▲「いずみの丘観音墓苑」の樹木葬・散骨埋葬型(11万円から)
▲「いずみの丘観音墓苑」の樹木葬・散骨埋葬型(11万円から)

有限会社 石善

戸塚区深谷町382

TEL:045-853-1411

https://www.ishizen.co.jp/

戸塚区・泉区版のピックアップ(PR)最新6

エコ家電購入で最大3万円分還元

横浜市

エコ家電購入で最大3万円分還元

応援キャンペーン「エコハマ第2弾」実施中

7月11日

出張買取で現金最大5万円

おたからやラピス戸塚店

出張買取で現金最大5万円

雨や暑さ避け、自宅で査定

7月11日

真摯な対応と確かな技術

小雀町 和田塗装店

真摯な対応と確かな技術

夫婦二人三脚で

7月11日

ホンモノの音楽を「間近で」

ピアノクリニックヨコヤマ

ホンモノの音楽を「間近で」

緑園で7月25日から音楽祭

7月11日

こどもタウンニュースよこはま版

費用0円で賃料収入

ウスイホーム「リ・バースユー」

費用0円で賃料収入

「空家活用してみませんか」

7月4日

平成横浜病院

横浜市の健診・検査

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook