神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2013年2月28日 エリアトップへ

(PR)

薬剤師北井康一さんに聞く 要警戒 今シーズンの「花粉」 PM2・5との影響懸念も

公開:2013年2月28日

  • LINE
  • hatena
丁寧に薬の説明をする北井さん
丁寧に薬の説明をする北井さん

 花粉症に悩む人にとって、頭の痛い季節がやって来た。今年は特に、中国大気汚染で問題化している微小粒子状物質PM2・5との相乗で、より深刻な事態も心配されている。そこで今回は、保土ケ谷区にゆかりの深い薬剤師・北井康一さん(スカイビル調剤薬局・取締役社長)に、アレルギーへの対策などを聞いた。

 ―花粉シーズンはいつ頃まで続きますか?

 「すでに始まっていて、敏感な方はもうつらく感じてらっしゃるのでは?2月から飛び始めるスギが主となり、これから3・4月にかけてピークに。5月頃ようやく少なくなるでしょう」

―今季の特長は?

 「飛散量の予想は関東で例年の3倍以上。当薬局でも過去1番多かった患者・相談者数(1日で約250人)を上回る人数を想定しており、準備しています」

―対応策としてどんなことに気を付ければ?

 「外出時のマスク・眼鏡の着用。帰宅後のうがい、手洗い等はもちろん、症状がつらい時は、専門家にアドバイスを仰ぐことが重要です」

―市販薬の効果は?

 「今はOTC(一般用)医薬品で簡単に症状が治まる患者さんもいます。昔処方薬だったものも、市販で買えるものが増えてきました。症状をお聞かせいただければ、それに合ったお薬を薦めさせていただきます」

―鼻炎の薬などは眠くなりやすい印象がありますが?

 「個人差があり、眠くなることがあります。しかし最近では、眠気を催さないタイプのお薬も開発されていますので、薬剤師にご相談ください。また即効性の高い点眼・点鼻薬なども開発されています」

―効果の高い漢方薬はありますか?

 「有名なのは小青竜湯(しょうせいりゅうとう)です。漢方がいいという方、体に合う方にはもちろんお薦めです」

―PM2・5の影響は?

 「一概には言えませんが、花粉と混ざり合ってより凶暴化し、症状が悪化する方、新たに発症する方が増えるのでは、と言われています。今後の国内全体への影響を含め、注意が必要です」

―最後に花粉症に悩む方に向けメッセージを。

 「体質の改善が症状を楽にする第一歩。そのために私たち薬剤師が、患者さんに合ったお薬を一緒に考えます。市販薬で治りにくい状態の方は、自らの経験で大抵わかります。専門病院等も紹介させていただきますので、是非一度お越しください」

■横浜市西区高島2の19の12スカイビル9階「スカイビル調剤薬局」【電話】【FAX】045・453・4193へ。
 

スカイビル調剤薬局

横浜市西区高島2-19-12 スカイビル9階

TEL:045-453-4193
FAX:045-453-4193

http://www.skybiru-yakkyoku.com/

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

フロンガスを完全回収

地球温暖化に歯止めを

フロンガスを完全回収

株式会社ヨコレイ

6月13日

本紙読者限定割引チケット

本紙読者限定割引チケット

戸塚CCで開催 資生堂 レディス

6月13日

「より良い」を選ぶ生活

イオンスタイル天王町

「より良い」を選ぶ生活

脱炭素型・資源循環型の暮らし提案

6月13日

”補聴器”を試してみませんか?

あなたのライフスタイルに合った

”補聴器”を試してみませんか?

7月20日までキャンペーン 期間中特典あり  

6月6日

車売るなら地域密着店へ

タックス港南

車売るなら地域密着店へ

無料で出張査定も

6月6日

高額査定に自信

いま、金が熱い

高額査定に自信

「まずはご相談ください」

6月6日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook