神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2014年4月3日 エリアトップへ

初音丘学園 プラ製品を40箱回収 「参加しやすい」と保護者

公開:2014年4月3日

  • LINE
  • hatena
事務局スタッフに回収箱が手渡された
事務局スタッフに回収箱が手渡された

 区内にある初音丘学園が参加したプラスチック製品の回収とリサイクルを推進する『PLA―PLAS(プラプラ)プロジェクト』が、2カ月の回収期間を終了。集まったプラスチックなどが3月26日、事務局に手渡された。

 1月15日からスタートしたこの事業は、大手スーパーやメーカーが参加し、おもちゃや文房具などのプラスチック製品の回収を全国規模で行っているもの。園児が登園時に家庭からもってきたプラスチック製品を園内に設置された箱に入れるシステムで、最終日の3月15日までに40箱を回収。回収量は大手スーパーを上回るという。この期間に、(株)NTTドコモの携帯電話リサイクル事業回収実証実験にも参加。自宅で不要になった携帯電話を専用封筒に入れて回収した。

 同園の渡邉晶園長補佐は、「保護者の協力があってこそ。愛着あるおもちゃでも、こみではなくリサイクルなら出しやすい」と分析。保護者からは「子どもがリサイクルに興味を持つきっかけになる」「お店に回収箱があっても子連れではなかなか大変。幼稚園や小学校の方が便利」などの意見があり、「このまま引き続きやって欲しい」との声が多くあったという。

 事務局を担当する日本環境設計の中村崇之さんは、「今回は、生活動線の中に回収箱を設置したのがポイント。今後リサイクルは技術よりも回収することに重点がおかれる」と話す。同園では、「これからも続けていきたい」と話している。

回収した携帯電話
回収した携帯電話

保土ケ谷ほっとなまちづくり

こどもたちが自分たちのまちほどがやについて話し合いました

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

活動事例など共有

活動事例など共有

公園愛護会が催し

2月22日

75人が「よいしょ」

帷子番所

75人が「よいしょ」

「子どもたちに思い出を」

2月22日

車使って救助訓練

保土ケ谷消防団

車使って救助訓練

交通事故想定し学ぶ

2月22日

自転車ヘルメット着用を

自転車ヘルメット着用を

市、イオン天王町で啓発

2月22日

遊び感覚でごみ拾いを

遊び感覚でごみ拾いを

親子でにぎわう

2月22日

被災地支援へ募金受付

能登半島地震

被災地支援へ募金受付

2月22日

そのお悩み、相談してみませんか?

相続や不動産、終活の悩みに専門家が対応。松原商店街「まつばらんど」

https://www.tailwind-yokohama.jp/ma2baland/matsubaland/free-consullting/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook