保土ケ谷区版 掲載号:2018年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

新院長に上田佐野香医師 前院長から引き継ぎ新体制に

掲載号:2018年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 星川駅南口に直結するSFビル3階の星川眼科クリニックは、身近な街のお医者さんとして、地域に根付いた病院。このほど院長が種本康之医師から、毎週火曜日を担当していた上田佐野香医師(=写真)に代わることとなった。1月から平日・土曜すべての診察を担当する。

 「お話をいただいたとき、前院長や私を頼ってくださった患者さんのお顔が真っ先に浮かびました。当院には、小学校に入る前の小さなお子さんからご高齢の方まで幅広い年代の方が通っています。前院長が築いたあたたかな雰囲気はそのままに、最新の治療も提供していければと思います」と上田院長は話す。

 院長が心がけているのは、”じっくり患者さんの話を聞くこと”。その上で患者さんの性格に合わせてじっくり丁寧に話したり、重要なことを簡潔に説明したり。こうした来院しやすい雰囲気づくりが、早期発見・治療に繋がっている。

 特に注意したい緑内障は、「40歳以上の20人に一人と推定される病気です。見えない部分がじわじわと広がるのでなかなか気づきませんが、ほうっておくと失明につながります。ちょっとでもおかしいなと思ったら受診してほしい」と話す。また眼科は他の臓器の病気とも密接にかかわるため、「目の出血の検査から生活習慣病が見つかる場合もあります」とも。

 目がピクピクする顔面痙攣のボトックス治療や、ドライアイ、早めの対策が必要な花粉症のアレルギー結膜炎なども気軽に相談を。

星川眼科クリニック

保土ケ谷区星川2-4-1星川SFビル3階

TEL:045-336-3883

http://www.hoshikawaganka.com/

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

そうだ、行政書士に相談しよう!

許認可申請、相続・遺言、成年後見

そうだ、行政書士に相談しよう!

取材協力/江崎大輔支部長

10月14日号

「やってみたい」を大切に

「やってみたい」を大切に

園児の主体性がその後の宝に

10月14日号

住宅の相談は地元の職人へ

神奈川土建

住宅の相談は地元の職人へ

「住宅センター」で受付

10月14日号

いざという時の備えに

オリジナル防災グッズ作りませんか

いざという時の備えに

自治会・学校などで使用

10月14日号

安心、JAのお葬式

もしもの時 もしもの為に… 事前相談無料

安心、JAのお葬式

「組合員・地域の方々へ」

10月14日号

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

一人じゃない安心感

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

10月27日・11月11日 送迎付き見学会(体験食事付)

10月14日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook