神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年2月22日 エリアトップへ

帷子番所 75人が「よいしょ」 「子どもたちに思い出を」

社会

公開:2024年2月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
幼児も杵で餅をついた
幼児も杵で餅をついた

 帷子町の旧東海道沿いにある地域交流施設「帷子番所(ばんどころ)」でこのほど、「こどももちつき大会」が開かれ、75人の子どもたちが臼と杵で餅をつきあげた。

 旧東海道沿いにある約5坪の同施設は、2017年に市野屋商店=帷子町=の八ッ橋良光さんの呼びかけで開設された。江戸時代から宿場町として栄えた保土ケ谷宿の魅力を紹介しようと、施設内には歴史資料や約500冊もの書籍、パンフレットなどが置かれている。

 近隣町の老人会メンバーや有志が交代制で当番を務め、休憩スペースとしてトイレの貸し出しや宿場めぐりで訪れる観光客への説明などを行っている。初開催となったこの日の餅つき大会は町内の枠組みを超えた地域内での思い出を作ってもらおうと企画され、子どもたちはつきたての餅を堪能していた。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook