神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年2月29日 エリアトップへ

【Web限定記事】 横浜FC、J2開幕戦 勝ち点1分け合う

スポーツ

公開:2024年2月29日

  • X
  • LINE
  • hatena

2/24(土) 2024明治安田生命J2リーグ 第1節 vs.レノファ山口FC

前日まで続いた悪天候から一変、晴天の下2024シーズンの開幕がホームニッパツ三ツ沢球技場で行われた。

相手はレノファ山口FC(以下、山口)。一年でのJ1復帰を目指す横浜FCは、四方田修平監督体制3年目で、昨シーズンまで積み上げてきたものをベースに攻撃的なサッカーを目指す。スターティングイレブンには、誰よりも遅くまで練習をしていた市川暉記がゴールを守る。今シーズンもキャプテンに就任したガブリエウを守備の要とし、ンドカ ボニフェイス、左足からチャンスを演出する新加入の福森晃斗の3人で最終ラインを形成。中盤は昨シーズンに続きチームの心臓の井上潮音や、クラブにとって大切な背番号「8」を今シーズンから背負う山根永遠らがスタメンに名を連ねた。

前線の3枚には、期待の万能FW森賢吾、J1での経験豊富な中野嘉大、強力な左足のシュートを持つ10番カプリーニの3人でゴールを目指す。開始序盤は山口に危険なシーンを作られるが、横浜FCもサイドを起点に、徐々に攻撃回数を増やしていく。カプリーニや福森がチャンスメイクをするが、ゴールを割ることはできずスコアレスで前半が終了。ハーフタイムに四方田監督は「アグレッシブさが足りない。もっと球際を強く、セカンドボールへの意識を高めよう」とチームを鼓舞した。

後半、先制点を奪ったのは、山口だった。相手のシュートがDFに当たり軌道が変わったボールはゴールへ吸い込まれた。アンラッキーな失点だったが、欲しかった先制点を奪われチームに緊張が走るも、すぐさまセットプレーから、この日31歳の誕生日を迎えた中野のバースデー弾ですぐさま同点に戻した。その後は、両者が互いに追加点を決めきれず勝ち点1を分け合った。試合後、四方田監督は「自分達たちの攻撃の形が出せなかった。全体的にプレーが硬かったが、すぐに修正して次節の勝利に繋げたい」とコメントした。ホームでの開幕戦を白星で飾れなかったが次節の横浜FCに期待したい。

次回ホームゲーム

3月9日(土)

モンテディオ山形戦  14:00 キックオフ @ニッパツ三ツ沢球技場

㈱横浜建材工業

屋根と外壁のプロ 屋根の無料点検実施中。瓦一枚からでも!

https://yokoken.com/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

松原商店街の夜市盛況

松原商店街の夜市盛況

パフォーマンスで魅せる

5月30日

楽しく学ぶ有事の備え

市民防災センター

楽しく学ぶ有事の備え

6月1日(土)、防災フェア

5月30日

6月1・2日は開港祭

6月1・2日は開港祭

ステージや花火で盛大に

5月30日

地場野菜ズラリ!9日に保土ケ谷公園で朝市 7時30分から

介護者支える情報ズラリ

介護者支える情報ズラリ

イオン天王町SC(ショッピングセンター)でイベント

5月30日

レシピを募集

地産地消料理コンテスト

レシピを募集

テーマは「春夏野菜」

5月30日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook