神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年4月11日 エリアトップへ

相模鉄道 記念車両で入社式 車掌用マイクで抱負語る

社会

公開:2024年4月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
抱負を語る新入社員
抱負を語る新入社員

 相模鉄道株式会社(千原広司社長)は4月1日、かしわ台駅近接の車両センターに留置した「相鉄・東急新横浜線」の開業1周年を記念する特別車両の車内で入社式を開き、35人の新入社員が抱負を語った。

 入社式で千原社長は「いま抱いている夢や目標を忘れず、大切に、その実現に向けて努力を積み重ねてください」と激励した。その後、新入社員は名前を呼ばれるとそれぞれ車掌放送用マイクを握って「全力で仕事に取り組みたい」、「お客様の安全第一の鉄道マンになりたい」などと抱負を述べていた。

 今年はJR直通運転開始から5年目、また東急線への直通運転が1周年を迎えた節目の年ということで特別車両の車内で行われた。

 車両内での入社式は、今年で3回目。初めての試みとして、鉄道ファンや沿線住民に「幸せを呼ぶ黄色い電車」として知られる「モヤ700系」が駆け付け、車両前で集合写真の撮影を行った。

 エキスパート職として入社した楢山玲加さん(22)は、学生の時に同社でアルバイトをしており、その際に女性運転士に憧れて入社を決意したという。楢山さんは「お客様に信頼される運転士を目指して頑張っていきたい」と意気込んだ。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook