高津区版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

(PR)

今、LPガスが注目される理由 (株)高津石油 関口淳也社長に聞く

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市では都市ガスが大半を占める燃料ガスだが、東日本大震災以降LPガスが見直されている。今、なぜLPガスが注目されているのか。(公社)神奈川県LPガス協会川崎北支部(加盟58社)の関口淳也支部長((株)高津石油代表取締役社長)に話を聞いた。

個別対応で災害に強い

 「災害時の復旧の早さ。これは販売店が1件1件、個別に対応できるLPガスならではの強みです」と関口支部長。配管を地域に巡らせる都市ガスに対し、LPガスは住宅にボンベを設置する「分散型エネルギー」。資源エネルギー庁によると、東日本大震災時のLPガス復旧状況は都市ガスより12日、電力より2カ月弱早い。

市内小中学へ設置開始

 こうした実績から全国自治体で公共施設にLPガスを設置する動きが強まる。

 川崎市は、広域避難所である全小中学校へのLPガス設置を昨年度から開始。区内では橘中学校へ設置された。同校で行われた防災訓練に支部会員が参加し取扱いを説明。「温かい食事や飲料は生命線。行政や地域と連携し、災害に強い街づくりの一端を担いたい」と関口支部長は語る。

顔の見える関係づくり

 (株)高津石油は、高津区と宮前区を中心に地域で50年、LPガスなどを販売している。近年は、行政と連携し「地域見守り活動」も積極的に行う。「我々販売店は地域密着型。顔の見える関係を作り、緊急時、即座に対応し地域に貢献していきたい」と語る。

左上)昨年度橘中学校に設置されたLPガス。ボンベ1本(20kg)で333人分の主食と湯茶が提供できる左)橘中学校で行われた防災訓練に参加した川崎北支部の会員ら上)防災訓練でボンベ取扱いについて説明
左上)昨年度橘中学校に設置されたLPガス。ボンベ1本(20kg)で333人分の主食と湯茶が提供できる左)橘中学校で行われた防災訓練に参加した川崎北支部の会員ら上)防災訓練でボンベ取扱いについて説明

株式会社高津石油

神奈川県川崎市高津区末長2-23-45

TEL:044-866-4530
FAX:044-877-7011

http://www.takatsu.biz/index.html

高津区版のピックアップ(PR)最新6

弁護士らによる無料相談会

1月31日(日)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 川崎市中原市民館

1月22日号

”いつでも”ショートステイ

ハートセラピーセンター久末

”いつでも”ショートステイ

ショート・デイ・訪問を自由に組み合わせ

1月22日号

無料申告相談会、中止

東京地方税理士会

無料申告相談会、中止

緊急事態宣言受け

1月22日号

同館スタッフに聞く「コロナに関する葬儀」

同館スタッフに聞く「コロナに関する葬儀」

平安会館みぞのくち ご葬儀相談随時受付中

1月22日号

お金のはなし

税理士・FPの高橋さんが解説

お金のはなし

その5「確定申告について」

1月22日号

院内感染予防を徹底 安心の治療を

受診控えに警鐘

院内感染予防を徹底 安心の治療を

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク