高津区版 掲載号:2018年4月13日号
  • LINE
  • はてぶ

再建に掛けた地元の想い 新社殿には伊勢神宮の御用材も

社会

 社誌によると、久末神社の創建年代は不明ながら、江戸時代には神明宮と称してすでに久末村の鎮守だった。明治3年5月に村社に列格、明治42年10月に稲荷社をはじめ杉山神社二社、面足明神社、十二天社、道祖神を村社内に合併して久末の総鎮守となった。

 神社で火災が発生したのは2013年10月。例大祭の宵宮の夜だった。当日は風が強く、火は瞬く間に燃え広がり、社殿と社務所が全焼。例大祭の前日だったこともあり、大人と子どもの神輿、お囃子の道具も神社に置いてあり火事で失った。

 地域にとって特別な場所の焼失に、「いち早く再建を―」という声がすぐにあがった。神社総代や奉賛会は同年12月に再建委員会を設置し、再建に向けて動き出した。

 地元などから多大の寄付金が集まり、金銭的な道筋は見えた。目標は1年後の例大祭までの再建。境内の拡張も盛り込み、順調に計画が進んでいたかに見えた。しかし、市街化調整区域であることなどがハードルとなり、手続きが難航。計画は遅れ、工事着工のめどが立ったのは2015年になってからだった。

 そして昨年から始まった再建工事。3月に起工式、8月には上棟祭が行われ、日に日に完成に近づく様子に地元の期待も高まった。そして年末には仮殿に祭られていた御神体を再び迎える「本殿遷座祭」が執り行われた。

 再建された社殿は木造、地上一階建ての神明造り。床面積は38・59平方メートルで建築面積は54・30平方メートル。高さは6・73メートルとなる。

 社殿内部の幣殿中央部の床板や八脚には、伊勢神宮の式年遷宮で解体された古材「御用材」が使われている。関係者は「由緒ある伊勢神宮の御用材を頂くことができ、本当にありがたい。火災での焼失は不幸だったが、この再建が久末に “福”をもたらしてくれると信じている」と新社殿の完成を喜んだ。

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「とどろき大会」市とタッグ

プロレスヒートアップ

「とどろき大会」市とタッグ

田村代表ら 10月31日に熱戦

10月31日~10月31日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇六六回「多摩川砂利採掘」

    高津物語 文化

    10月19日号

  • 高津物語

    連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

    高津物語

    10月12日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク