高津区版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

(PR)

2週間以上続く 「しつこい咳」に要注意 取材協力/宮川クリニック

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena
久保田医師(中央)と同院スタッフ
久保田医師(中央)と同院スタッフ

 2週間以上続く咳症状は「百日咳」かもしれない。生後6カ月未満の乳児が百日咳に感染すると、息止め、けいれん、肺炎などを引き起こすことがあり、突然死の原因にもなる。宮川クリニックの久保田医師にその特徴について話を聞いた。

 0、1歳の感染報告が多く、2歳以降で減少するものの、大きい子では症状が分かりにくく、感染しても見逃されているケースがあると考えられる。20歳以上の感染報告が近年増えていることが問題視されている。

 主に春から夏に流行が見られ、潜伏期間は7〜10日。はじめの症状は風邪と同様で咳、鼻汁、くしゃみで発熱はほとんどない。1―2週間すると乾いた咳がひどくなり、激しく咳き込むようになる。息を吸うとき「ヒュー」という音をたて、「コン、コン、コン、ヒュー」という咳を繰り返す。昼夜を問わず咳発作が続くため、咳きこんで嘔吐したり、食欲低下がみられる。成人の場合、咳のみが持続する事があり「しつこい咳だな」程度で受診しないと、周りに感染を拡げる恐れがあるので気を付けたい。特に家庭内に小さな子どもがいると感染する可能性が高いので注意が欠かせない。

 「長引く咳の場合、一度は百日咳かもと疑い受診しましょう。早期の診断・治療が感染拡大防止にも重要です」

宮川クリニック

川崎市高津区諏訪1-3-15

TEL:044-844-9058

http://miyakawa-clinic.jp/index.html

高津区版のピックアップ(PR)最新6

一緒に計画を楽しむ旅行会社

おかげ様で1周年

一緒に計画を楽しむ旅行会社

旅好き社長にやりたいことを相談

7月19日号

地元芸術家の作品展

入場無料

地元芸術家の作品展

7月24日から29日

7月19日号

「塗るだけではありません」

「塗るだけではありません」

タナカ塗装工業適切な下地処理が鍵

7月19日号

「野川神明社が生まれ変わります」

「野川神明社が生まれ変わります」

天皇陛下御大典奉祝事業で境内整備

7月19日号

相続・不動産の悩み解決

相続・不動産の悩み解決

8月3日(土) 無料相談会

7月19日号

異常なのどの渇き、頻尿も…これって糖尿病?

糖尿病・内分泌内科

異常なのどの渇き、頻尿も…これって糖尿病?

7月12日号

「おねしょ」は成長すれば自然に治る?

小児科・アレルギー科小児皮膚科

「おねしょ」は成長すれば自然に治る?

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その4 加藤 孝市さん

    7月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク