高津区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

(PR)

子どもの便秘 取材協力/宮川クリニック

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
久保田医師(中央)と同院スタッフ
久保田医師(中央)と同院スタッフ

 夏場に悪化しやすい便秘。学校生活が始まって、困っているお子さんもいるのでは。宮川クリニックの久保田医師に症状や治療について話を聞いた。

 1週間に2回以下の排便習慣の場合は便秘症としての治療が必要かもしれない。排便時の痛み、出血、便が硬い、便失禁、腹痛、腹部違和感、尿漏れやおねしょ、といった症状がある場合は一度相談を。

 便秘は離乳食への移行時期(乳児期)、トイレトレーニングの時期(幼児期)、通学が始まってから(学童期)など環境変化やストレスも一因となり、夏場は脱水に傾くため便が硬くなりやすい。

診断や治療は?

 同院はお腹や肛門の診察のほか、超音波を用いて腸の大きさや硬い便の有無を確認する。その上で硬い便が詰まっている場合は、浣腸など行って取り除く。その後、便を軟らかくする薬や腸を刺激する薬を使用していく。

 「便秘症の治療は長期にわたることが多いです。まず便秘の悪循環のメカニズムを理解しましょう。そして便秘の原因や悪化の要因を一緒に考えましょう。そのうえで適切な治療を行っていきます」

宮川クリニック

川崎市高津区諏訪1-3-15

TEL:044-844-9058

http://miyakawa-clinic.jp/index.html

高津区版のピックアップ(PR)最新6

【タウンニュース春の特別号】

人生100年時代のスマホ講座

10日・11日説明会

人生100年時代のスマホ講座

3月5日号

ポイント使って賢く省エネ

改修は今がお得 リフォーム

ポイント使って賢く省エネ

「成建リフォーム」で相談受付中

3月5日号

ポイント使って賢く省エネ

改修は今がお得 リフォーム

ポイント使って賢く省エネ

「成建リフォーム」で相談受付中

3月5日号

弁護士らによる無料相談会

3月14日(日)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 川崎市高津市民館

3月5日号

励まし、信じる だから「伸びる」

春期講習受付

励まし、信じる だから「伸びる」

春休みに力を付けて、新学期にスタートダッシュ!

3月5日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク