高津区版 掲載号:2018年11月23日号
  • LINE
  • hatena

川崎市民アンケート 来春選挙「知らない」8割 投票意向、年代で差

社会

 川崎市が市民意識を調査する「市民アンケート」の結果が今月発表された。2006年度から年2回実施され、今年度1回目の今回は「選挙」「文化芸術の振興」「自治体等が保有しているデータの民間活用」について調査。

 来春に市議会議員選挙等が行われることついて、「知らなかった」との回答が8割を超え、認知度不足が浮き彫りとなった。一方、「投票に行くつもり」との回答は全体で6割だったが、年代別では18〜29歳は41・2%、70〜79歳は83・8%と差があり、若い年代ほど投票意向が低い傾向となった。

 市選挙課は「4年前も同様のアンケートを行ったが、似たような結果で変わっていない。あらゆる手段を使い、若い世代を含め認知度を上げていかなければならない」と話した。

 その選挙啓発についての設問では、タレントやアニメ、マスコットなどのイメージキャラクター起用について8項目を並べた。しかし、「起用するのが良い」意向は平均で23・7%に留まり、「起用するのが良いとは思わない」意向は33・6%と、周知の難しさを表す結果となった。

 この調査は市内在住の18歳以上を対象に8月31日から9月10日、インターネットモニター登録者から1500件の有効回答を集めた。

高津区版のローカルニュース最新6件

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク