高津区版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

「U字溝の蓋」悩みのタネ? 二子新地からSOS届く

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
大きく開いた蓋の隙間を心配そうに見つめる小黒俊子さん
大きく開いた蓋の隙間を心配そうに見つめる小黒俊子さん

 「二子新地の商店街が、高齢者にとって歩きづらくなっている」と、編集室にSOSメールが届いた。現地に出向いてみると、街の発展に連れて劣化が進む「U字溝の蓋」が悩みの種の様子。行政の対応などを含め、現状を調べてみた。

車輪でダメージ蓄積か

 田園都市線・二子新地駅を出て、右手に進んだところの商店街「駅前大通り 松栄会」。この通りの一角で不動産業を営んでいる「株式会社 小黒」の小黒俊子さんが、今回の情報提供主。話しを聞くと「(商店街通りの側溝を覆う)U字溝の蓋がデコボコだったり、蓋がずれて大きな隙間(穴)が生じており、高齢者にとって非常に歩きづらいですね」との事。

 元々、この通りは道幅がやや狭く、車がすれ違う際はかなり端に寄る必要があり結果、車輪がどうしてもU字溝にかかるために蓋のダメージが徐々に蓄積したのが原因の一つとみられている。

 またコンクリート製の蓋にグラつきが生まれると、重さがかかる度に発生するガタガタといった「騒音の悩み」も。さらに2015年、多摩川を挟んだ所に大企業が移転し、自ずと二子新地駅の乗降者も増加。「商店街を通る人も多くなるに連れ、賑わいをみせる一方で、歩きにくくなるというジレンマが生じていますね」と小黒さん。側溝の形状が曲線となっている箇所もあり、蓋同士の隙間が”ハの字”に開いてしまっている所などではベビーカーの車輪が食い込んでしまい動かすのに難儀するケースや、お年寄りの杖が隙間に入ってしまう場面もみられるという。

行政「陳情として対応」

 こうした地元道路の維持管理などにあたっている行政の窓口が「高津区役所道路公園センター」(【電話】044・833・1221)。担当者によれば、道路の補修などを求める「陳情」は個人・団体を問わず電話やメールで随時受け付けており「具体的に話を伺い、必要に応じ現地調査なども実施しながら公平に対処しています」との事。行政予算の都合もあり「できる事とできない事がありますが」と前置きしながらも、誠意をもって善処しようとする姿勢が垣間見えた。

 ちなみにこの商店街で、同様の陳情が寄せられたケースは過去にはなく「(他の陳情と同じく)今後、現地調査などを踏まえ、適切な補修方法を検討していく」としている。

曲がりくねったU字溝にかかる蓋には思わぬ隙間も
曲がりくねったU字溝にかかる蓋には思わぬ隙間も

高津区版のローカルニュース最新6

18区に三村氏擁立

立憲民主

18区に三村氏擁立 政治

元衆議院議員

9月25日号

「中3最後」 総体が開幕

「中3最後」 総体が開幕 スポーツ

市内で15種目、17競技

9月25日号

「薬物乱用は重大な犯罪」

東高津小

「薬物乱用は重大な犯罪」 社会

指導員招き6年生に授業

9月25日号

施行3カ月 効力に課題

川崎市反差別条例

施行3カ月 効力に課題 社会

続く街宣活動、ネット中傷

9月25日号

久本BAが優勝

川崎西LC杯少年野球

久本BAが優勝 スポーツ

昨年の雪辱果たす

9月25日号

緑地活用アイデア募集

緑地活用アイデア募集 社会

市、イベントで試行も

9月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク