中原区版 掲載号:2011年7月8日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「咳がなかなか止まらない」 アレルギーや咳喘息の可能性 取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉

鈴木敏幸院長
鈴木敏幸院長

 風邪ではないのに「咳症状が治まらない」という時は、まずアレルギーが疑われるという。

 アレルギーは「くしゃみ」や「鼻水」のイメージが多いが、「咳」症状を引き起こすことも多いとのこと。

 鼻閉が続いていると口呼吸になり、のどが乾燥することで咳をおこす疾患にもなりやすくなる。この場合は腫れた鼻粘膜を収縮させるラジオ波治療で対応している。鼻が詰まった状態でも治療でき6歳位から可能(個人差あり)。治療そのものは2分程度。

咳喘息

 また、風邪症状の後に咳だけが何日も残る場合は咳喘息が考えられるという。喘息の前段階と言われており、放置すると約30%の人が喘息に移行する可能性もある。「ひどい場合は咳が一年以上続くこともあります。吸入ステロイド薬で治療します」と鈴木院長。

マイコプラズマ

 マイコプラズマは長引く咳と発熱が特徴で、治療をしないと肺炎になることがあるという。症状が風邪と似ており、若年層に比較的多い肺炎の気炎菌として知られている。潜伏期間は2〜3週間。一定数以上が集まる所で広まることがある。

夏型過敏性肺炎

 エアコン内部に繁殖するカビを吸入して起こる夏型過敏性肺炎も考えられるという。「咳と微熱が続き、数年にわたって同じ季節に繰り返す傾向があります。大事なのは原因のカビを排除すること」と院長。

 「咳症状は多数見られます。風邪の後遺症として咳が長引くことがありますが、原因を把握することが必要です」とのこと。
 

すずき耳鼻咽喉科クリニック いびきのご相談

川崎市中原区井田1-36-3(メディパーク川崎井田2F)

TEL:044-272-8402

http://www.suzuki-jibi.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

家事のお願い上手になろう

家事仕事のマッチング

家事のお願い上手になろう

3月9日号

絵本通じて「多様性」楽しむ

川崎市「いろいろブックフェア」

絵本通じて「多様性」楽しむ

3月9日号

「あなたの家事力、仕事に活かせませんか」

その疑問、ドコモスマホ教室で解決

「スマホって便利なの?」「アプリで何ができるの?」 ドコモショップ武蔵小杉店

その疑問、ドコモスマホ教室で解決

3月2日号

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

3月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク