中原区版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

花粉症の特徴的な症状は 取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉

鈴木敏幸院長
鈴木敏幸院長

 「風邪と勘違いをするなど、自分が花粉症かどうかわからない人もいます。血液と鼻粘膜の検査で判断できます。花粉症は突然発症しますので、鼻やくしゃみの症状が続いている人は検査を受けてください。目のかゆみも判断基準となります。その場合は症状とライフスタイルにあった治療が重要となります。ステロイドの点鼻薬や抗ヒスタミン薬など、症状が出る前からの初期療法をすることでピーク時の症状を軽くできます。飛散のピークは3月上旬と予測されています。花粉症の薬=眠気というイメージを持っている人も多く、学校や仕事があると敬遠しがちですが、眠くならない薬もあるので、自分に合った薬を見つけることが大切。なお、毎年症状が酷い人にはラジオ波治療があります」と鈴木院長。

ラジオ波治療

 ラジオ波治療は、腫れた鼻粘膜を収縮させる治療で、内服・点鼻治療やレーザー治療で鼻閉が改善しないアレルギー性鼻炎や肥厚性鼻炎に有効だという。

 鼻が詰まった状態でも治療でき、個人差はあるが6歳位から可能。同院では5000人以上の治療経験がある。保険適用で片鼻2700円。
 

すずき耳鼻咽喉科クリニック いびきのご相談

川崎市中原区井田1-36-3(メディパーク川崎井田2F)

TEL:044-272-8402

http://www.suzuki-jibi.jp/

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク