中原区版 掲載号:2012年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

50代までの働き盛りの男性に多い『睡眠時無呼吸症候群』 取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック<いびきのご相談>

鈴木敏幸院長
鈴木敏幸院長

 「大きなイビキが突然止まる」「寝ている時に呼吸が止まっている」―こうした症状で家族から指摘された場合は睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いがあるという。『すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉』に取材した。

患者数は約300万人と推測

 「この病気は本人に自覚がなく、家族や友達から指摘されて気づくことがほとんど。日本での患者数は約300万人と推測されており、30代〜50代の働き盛りの男性に多い傾向があります。高血圧や脳卒中・脳梗塞、心筋梗塞を起こす危険性は3〜4倍になり、メタボリックシンドロームや糖尿病との関連もあります。睡眠中の酸欠状態が血液をドロドロにし、細い血管が詰まりやすくなります。昼間の眠気が仕事に支障をきたし、交通事故の原因となることも」と鈴木院長。

居眠り運転の原因に

 警視庁が実施したアンケートによると、SASと診断されたドライバーの約4割が居眠り運転を経験しており、SAS患者の居眠り運転による交通事故率は健常者の約7倍も高いという報告も出ている。03年には山陽新幹線の運転手が居眠り運転を起こした事例があり、その後の検査によりSASであることが判明した。

検査は夜来院で朝帰宅

 検査は夜11時ごろに来院して(応相談)、翌朝4〜7時に帰ることができるので、仕事や家庭への負担も少ないという。

イビキの原因や慢性鼻炎にラジオ波治療

 イビキの原因となる鼻づまりや扁桃肥大にはラジオ波治療がある。腫れた鼻粘膜を収縮させる治療で、内服・点鼻治療やレーザー治療で鼻閉が改善しないアレルギー性鼻炎や、慢性的な鼻炎にも有効とのこと。

 同院では1日10人以上が治療を受けることも多く、5000例以上の治療経験がある。鼻が詰まった状態でも可能で、治療そのものは2分程度。保険適用で片鼻2700円。

なかなか止まらない咳症状

 風邪ではないのに「咳症状が治まらない」場合は、アレルギー性や咳喘息が考えられるという。アレルギーは「くしゃみ」や「鼻水」のイメージを持っている人が多いが、「咳」の症状を引き起こすこともある。

 鼻閉が続いていると口呼吸になり、のどが乾燥することで咳をおこす疾患にもなりやすくなる。その場合は上記のラジオ波治療で対応している。

 また、風邪症状の後に咳だけが何日も残る場合は咳喘息が考えられるという。「咳喘息は誰もがなりうる症状で、気管支の管の中が健康時よりも狭くなっている状態」と鈴木院長。咳喘息は喘息の前段階と言われており、放置すると約3割の人が喘息に移行する可能性があるという。

マイコプラズマの可能性

 「マイコプラズマ肺炎は細菌による呼吸器系感染症。長引く咳と発熱が特徴で、治療しないと重症化することがあり、髄膜炎や脳炎、中耳炎を併発する恐れもあります。初期症状が風邪と似ており、潜伏期間は2〜3週間。患者の8割は14歳以下の子どもです。学校や職場など、一定数以上の人が集まる場所で広がることがあり、『風邪を引いて咳をしている人が多い』とった時は疑われます」とのこと。

 昨冬には全国的に過去最多の水準で流行し、市内でも過去10年で最多だった。冬に流行することが多いが、季節に関係なく流行する可能性もある。

 鈴木院長は「このように咳症状は多数見られ、咳止めなどを飲んでも治まらない場合は原因を把握する必要があります。その上で適切な治療をすることが大切」と話している。

学校検診での指導

 小学校を中心に耳鼻科検診があり、プールの前に耳・鼻・喉の病気を治しておくことを目的としている。「『難聴の疑い』は学校だから集中できなく、聴こえているのに引っかかったのかもしれません。『副鼻腔炎』の場合でも、デジタルレントゲンを使用し、1分程度で結果が出ます」とのこと。

携帯電話で受付

 電子内視鏡・モニタリング顕微鏡システムも導入しており、耳・鼻・喉の状態をモニターで把握できる。幼児のイビキ相談に来る人も多いという。

 また、同院では「iTICKET」により、携帯電話やパソコンから受付・待ち時間の確認ができる(再診のみ)。会計の待ち時間がほとんどない電子カルテも採用している。
 

すずき耳鼻咽喉科クリニック いびきのご相談

川崎市中原区井田1-36-3(メディパーク川崎井田2F)

TEL:044-272-8402

http://www.suzuki-jibi.jp/

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク