中原区版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

中耳炎や鼻のすすり、マイコプラズマ この時期気をつけたい子どもの症状 取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉

鈴木敏幸院長
鈴木敏幸院長

 いよいよ年末。旅行や帰省などで楽しく出かける機会も多いだけに、子どもの症状は気をつけておきたいところ。中耳炎や咳の原因など、すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉に取材した。

中耳炎が多く発生

 この時期は子どもの「中耳炎」が多く発生しているという。「風邪を引いたりすると、鼻やのどの細菌が耳管を通って中耳に入り込み、急性中耳炎を引き起こすきっかけになります。症状は耳が痛くなり、熱が出ることも。赤ちゃんの場合は、機嫌が悪くなったり耳を気にする仕草が見られます。放っておくと難聴気味になることもあるので、早期の発見・治療が大切です」と鈴木院長。

耳の大掃除を忘れず

 旅行で海外のリゾートなどへ行き、プールや海に入る予定がある場合は耳垢をとっておくことが重要だという。鈴木院長は「耳垢をたまったままにして泳ぐと、ふやけて化膿し、中耳炎や外耳炎になることがあります。耳垢が奥に入ったり、鼓膜を破いてしまうことがあるので、幼児や耳掃除が嫌いな子どもには無理をしないでください」と話している。

鼻をすするのは注意

 子どもの場合、風邪やハウスダストにより鼻水が出ていると、すすることで喉に落ち、咳の原因となることが多くあるという。「特徴は『ゴホッ、ゴホッ』という咳になる、朝夕に出ることです。昼間は自然と飲み込んでいますが、寝ているとそれができず、たまった息苦しさから咳がでます」。鼻水をきれいに吸引して取り除き、ネブライザーで患部に薬を吸入する治療がある。

マイコプラズマ

 過去最高を記録している「マイコプラズマ肺炎」。長引く咳と発熱が特徴で、治療しないと重症化し、重い肺炎や髄膜炎、脳炎を引き起こすこと可能性もある。胸の痛みや疲労感を伴うこともあるという。患者のくしゃみや咳を通しての飛沫感染。「初期症状が風邪と似ており、潜伏期間は2〜3週間。咳は早朝や就寝時に酷くなることも。患者の8割は14歳以下の子どもです。予防にはインフルエンザやノロウィルスと同様に、手洗いとうがいが有効。免疫を落とさないことも大切」と院長。ピークは1月までのため、今後も注意が必要とのこと。

診療受付が可能

 携帯電話やパソコンから受付・待ち時間の確認ができる(再診のみ)。会計の待ち時間がほとんどない電子カルテも採用。
 

すずき耳鼻咽喉科クリニック いびきのご相談

川崎市中原区井田1-36-3(メディパーク川崎井田2F)

TEL:044-272-8402

http://www.suzuki-jibi.jp/

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

プチ贅沢な「地元限定プラン」も人気!

『スーパーホテルLohas武蔵小杉駅前』

プチ贅沢な「地元限定プラン」も人気!

2月16日号

「美療」で新たな人生を―

2月15日オープン

「美療」で新たな人生を―

2月16日号

インフルエンザ 予防のコツ

「掃除機がけ」で地域貢献に

家事仕事のマッチング

「掃除機がけ」で地域貢献に

2月9日号

全国で「健康ダイエット教室」を開催

透明なマウスピースで大人の歯列矯正

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク