中原区版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

(PR)

女性が気にする大きないびき原因は『睡眠時無呼吸症候群』? 取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena
鈴木敏幸院長
鈴木敏幸院長

 「友人と旅行に行ったらいびきが大きいとイヤな顔をされた」「入院中に看護婦さんに大きないびきを指摘された」。周りの人に迷惑をかけてしまう大きないびき。男性だけでなく、女性にも悩む人が多いと『すずき耳鼻咽喉科クリニック』の鈴木院長は言う。

日常生活にさまざまな影響

 睡眠中に息が止まる状態が何度も起こる睡眠時無呼吸症候群(SAS)。日常生活にも大きな影響を与える疾患だ。「この病気は本人に自覚がなく、家族や友達から指摘されることがほとんど。高血圧や心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞を起こす危険性は3〜4倍になり、メタボリックシンドロームや糖尿病との関連もあります。睡眠中の酸欠状態が血液をドロドロにし、細い血管が詰まりやすくなります。昼間の眠気がさまざまな支障をきたすことも多いです」と鈴木院長。同院は電子内視鏡、モニタリング顕微鏡システムも導入しており、耳・鼻・喉の状態をモニターで把握できる。幼児のいびき相談も多いという。

検査は夜来院で朝帰宅

 同院の検査は夜11時に来院して(応相談)、翌朝4〜7時に帰ることができ、仕事や家庭への負担も少ないという。症状が軽ければマウスピースでの治療が可能。寝ている間に装着すればよく、作成費は保険適用で6千円から7千円。ほかに、CPAPや口腔内装置、ラジオ波がある。ラジオ波治療は腫れた鼻粘膜を収縮させ、鼻が詰まった状態でも受診できる。アレルギー性鼻炎にも対応。保険適用で片鼻2700円。

スギ花粉対策に舌下免疫療法

 同院ではスギによる花粉症対策として舌下免疫療法も行う。症状を根本的に治す効果が期待できる。治療開始前にスギ花粉のアレルギー検査が必要なため、今年は12月10日までに受診する必要がある。治療は12歳から受けられる。
 

すずき耳鼻咽喉科クリニック いびきのご相談

川崎市中原区井田1-36-3(メディパーク川崎井田2F)

TEL:044-272-8402

http://www.suzuki-jibi.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

【タウンニュース春の特別号】

災害時は「開局中」薬局へ

市薬剤師会

災害時は「開局中」薬局へ

3月11日 市内で一斉訓練

3月5日号

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

たちばな銀杏霊園

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

3月6日(土)、7日(日)見学会

3月5日号

大切な人と大切なひとときを

誕生日、卒業、入学、入社、結婚のお祝いに ホテル精養軒

大切な人と大切なひとときを

大人気おこもり段重ね、1段重も登場!

3月5日号

始球式に柏木由紀子さん

子どもの権利を考える

参加無料

子どもの権利を考える

3月4日、会場とオンラインで

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク