中原区版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

意見広告 子どもと高齢者を守る街づくりを! 民主党神奈川県第10区総支部副幹事長中原区市政担当 松井たかし

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

安心して出産・子育てのできる街づくりを!



少子化時代と言っても、子育て世代の多い中原区

 川崎市の「将来人口推計」によると、出生数から死亡数を引いた自然増減は2020年までプラスに推移すると予測されています。

 その中でも中原区は出生数が最も多く、2015年度は1万2900人と言われています。

妊娠しても近くで産むことが難しい中原区の現状

 川崎市では妊娠後の妊婦健康診査助成などの取り組みを進めていますが、中原区においては産科・助産施設が減り続けていることから、妊娠しても出産場所を区外で探さざるを得ないという状況にあります。

保育・教育に関する川崎市の取り組み

 川崎市は2015年度予算の中で、待機児童の解消、中学校完全給食の早期実施、いじめや不登校などの早期発見・対応を図るための児童支援コーディネーターの専任化対象校の拡充などを掲げています。

施設だけでなく、医療や運営を含めた環境の整備を

 現在、子育てに関する施策が大きく前進しようとしていますが、特に働く親が望むことは、保育・教育に関する施策面の充実だけではなく、健康面や子ども一人ひとりに応じた対応を含めた子育ての不安解消だと考えます。

 川崎市は2015年度より、小児医療費助成の対象年齢を段階的に小学1年から2年に引き上げるとしていますが、これも将来的には小学6年・中学3年へと拡充することも視野に入れるべきだと考えます。

 また、子どもへのきめ細やかな対応を図るには、親との連携が密に図れる学校運営が可能な少人数学級の実現が必要だと考えます。未来の担い手である子どもたちが、健やかに生まれ育つ環境の整備が急務です。

松井たかしがめざす出産・子育て対策

 私、松井たかしは、出産・子育てのしやすい街となるよう、【1】区内の出産環境の整備、【2】小児医療費助成の拡充(中学3年まで)、【3】30人学級の実現などが必要だと考えます。



高齢者が孤立しない街づくりを!



中原区は2020年に超高齢社会へ

 川崎市は2030年まで人口増加が続き、約152万人になると予測されています。

 しかし、その内訳を見ると、現在、5人に1人の高齢者人口が、2020年には4人1人、2030年には3人に1人と言われています。

 私たちの中原区の人口ピークは2035年と川崎市平均より5年遅いものの、超高齢社会は目前に迫ってきていると言えます。

増え続ける単身高齢者

 その中でも深刻なのは、高齢者世帯が20年間で約3・5倍に増え、特に単身高齢者世帯の割合が増え続けているということです。現状のままでは孤立する高齢者が大幅に増えるものと予測されます。

高齢者介護・医療サービスの周知と活用を

 現在、川崎市は「かわさきいきいき長寿プラン」として、これまで高齢者向けに整備してきた住まい・医療・介護・予防・生活支援に関するサービスをトータルに提供できるよう地域包括ケアを進めるとともに、介護用リフォームの支援など住まいに関する取り組みを進めています。

 しかし、これらの施策が市民の皆さんに十分に周知され活用されているか、今後も増え続ける高齢者の実態に追い付いているかと言えば課題があると思います。

松井たかしがめざす介護・医療

 私、松井たかしは、市民の皆さんが孤立することなく、安心して介護や医療が受けられるよう【1】高齢者向け介護・医療サービスの周知と活用、【2】介護・医療施設の計画的な充実強化、【3】突然の介護に備える準備支援などが必要だと考えます。
 

松井たかし

川崎市中原区上小田中4-1-1

TEL:044-754-2583
FAX:044-754-2333

http://www.t-matsui.jp

中原区版の意見広告・議会報告最新6

感染抑制のためにPCR検査を

県政報告

感染抑制のためにPCR検査を

日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子

10月9日号

市は車両、車中避難体制を確立せよ。

市政報告vol.64

市は車両、車中避難体制を確立せよ。

川崎市議会 自民党川崎市議団副団長 末永 直

10月9日号

国への要望みのり、多摩川の治水対策が決定!

川底土砂掘削工事、下水道ゲートの自動化、監視カメラ設置地など 県政報告Vol.15

国への要望みのり、多摩川の治水対策が決定!

神奈川県議会議員 川本 学

10月9日号

市民の命を最優先に保健所体制の強化を

市政報告

市民の命を最優先に保健所体制の強化を

日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

10月9日号

観測機器のデータとコロナ禍の災害対応

市政レポートVol.14

観測機器のデータとコロナ禍の災害対応

川崎市議会議員 吉沢 直美

10月9日号

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク