中原区版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

(PR)

入居一時金ゼロ 介護付有料老人ホーム「アミーユレジデンス小倉」 「やりたい」が叶う豊かな暮らしが人気 見学・相談随時受付中・急な入居にも対応

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena

 残室残りわずかとなった人気の介護付有料老人ホーム『アミーユレジデンス小倉』では、現在、見学・相談を随時受付けている。

 アミーユレジデンス小倉は入居一時金0円という手軽さに加え、我が家のような自由度の高い生活や、趣味や楽しみといった「やりたい」を叶えてくれるスタッフの実現力、さらには地元自治会や趣味サークルとの連携による地域に根差した豊かな暮らしが評判を呼んでいる。加えて医療機関と連動した幅広いケアが受けられるため、他の施設で断られてしまった人も利用できる。

「ありがとう」が聞きたい。豊かさを支える質の高いスタッフ

 このアミーユレジデンス小倉の満足度を支えているのがスタッフの質の高さ。「我が家」にいるような快適さと、病気や障害を超えて「楽しさ」を実現させてくれるフットワークの良さと実行力は、利用者本人は勿論、その家族や地域住民からの信頼を獲得している。

 例えば、日々の生活では買い物や外食、趣味、地域活動など利用者の「やりたい」を叶えるために奔走する。身動きがなかなかとれない利用者の写真撮影やカラオケをしたいという希望に対してスタッフ一丸で話し合い、実現。「自分らしい生活を大切にして欲しい」と施設長の向さん。「スタッフ全員、皆さんのありがとうが聞きたくて頑張っています」と話す。

医療連携の積極ケアを地域共生で地域の一員に

 24時間体制の介護に加え、医師との連携ケアは心強い。重度の認知症を始め、胃ろうなどの経管栄養、インシュリン、行動障害、お看取りなど幅広い対応が可能。過去には胃ろうだった利用者の「外食がしたい」という希望を、医師を交えリハビリプランを作り実現。諦めていた家族の団らんの夢を叶えたこともある。

 一方、入所者の我が家となるために地域の一員であることを大切にしている。そのため、地域との交流を積極的に行い、先日も施設を使った地元グループの趣味の教室や落語会を開き、地元住民と利用者が共に楽しむ場を作った。「地域貢献を通して利用者の活動の幅が広がり、住みやすさを作りたい」。

 同施設は即日入居が可能。お看取りでは最期の入浴など希望を叶えながらの見送りに感謝されたという。

ボランティア募集

 同施設では話相手となってくれる傾聴や地域イベントの付き添い、囲碁や将棋といった趣味を通して利用者と交流してくれるボランティアを募集中。「皆さんと共に温かな地域を作りたい」と向さん。

アミーユレジデンス小倉

〒212‐0054 神奈川県川崎市幸区小倉 5-8-5

TEL:0120-698-033

https://www.amille.jp/home/home/303

中原区版のピックアップ(PR)最新6

介護アシスタントの就業支援

川崎市

介護アシスタントの就業支援

無料で入門的研修と仕事紹介

10月30日号

「噛める歯で感染症予防を」

入れ歯、むし歯、歯周病に口腔ケア

「噛める歯で感染症予防を」

10月30日号

活躍できる企業とマッチング

ミドル・シニア世代対象 26日から申込受付

活躍できる企業とマッチング

11月17日 産業振興会館

10月23日号

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

たちばな銀杏霊園

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

10月24日(土)、25日(日)見学会

10月23日号

館長に聞く「コロナに関する葬儀」

館長に聞く「コロナに関する葬儀」

平安会館みやうち ご葬儀相談受付中

10月23日号

川崎市 介護資格取得を支援

川崎市 介護資格取得を支援

無料で取得 説明会を実施

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク