中原区版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

意見広告 『夢をかたちに!』心かよう街づくりをめざして 民主党神奈川県第10区総支部副幹事長中原区市政担当松井たかし

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena

 4月12日に執行されました川崎市議会議員選挙において、多くの市民の皆さんから頂戴した街づくりに対する想いや夢を一つ一つ実現するべく、これからの4年間、人と人とのつながりを大切に邁進して参りたいと思います。

 さて、これからの川崎・中原の街づくりについて、以下のことに取り組んでいかなければと考えます。

1、出産・子育て支援

 市民の皆さんが出産・子育てをしやすい街となるよう、【1】中原区内の出産環境の整備、【2】待機児童ゼロの取り組みの推進、【3】子どもの健全な心の発達のための保育環境整備、【4】小児医療費助成の拡充(中学3年まで)などが必要だと考えます。

2、高齢者支援

 市民の皆さんが孤立することなく、安心して介護や医療が受けられるよう、【1】高齢者向け介護・医療サービスの周知と活用、【2】介護・医療施設の計画的な充実強化、【3】突然の介護に備える準備支援、【4】「地域包括ケアシステム」を推進などが必要だと考えます。

3、産業振興と労働者支援

 市民の皆さんがいきいきと働ける街となるよう、【1】新たな産業の創造・育成支援、【2】市内企業の活性化による雇用の創出、【3】非正規雇用の見直し、若者の人材育成と地元企業への就労支援、【4】商店街と地域が支え合う仕組みづくりなどが必要だと考えます。

4、人と人とのつながりを大切にした街づくり

 すでに住んでおられる住民の方と、新しく住民となられた方とのコミュニティー形成支援に取り組むなど、人と人とのつながりを大切にした街づくりが必要だと考えます。

5、交通基盤の整備

 次世代を見据えた市民に優しい交通基盤が整った街づくりをすすめるために、【1】南武線の混雑解消・開かずの踏切解消のための立体交差事業の推進、【2】道路ネットワークの整備による快適な生活環境の実現、【3】市民のニーズを把握し、生活に密着した交通対策の推進などが必要だと考えます。

 最後に、上記のことを含め、民主党川崎市議団がまとめた「かわさき まちづくり政策集2015」に示された、未来を見据えた川崎市の街づくりに対する想いを、一つ一つ実現させていきたいと思います。

松井たかし 

川崎市中原区上小田中4-1-1

TEL:044-754-2583
FAX:044-754-2333

http://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

防火水槽を活用して放水訓練

市政レポートNo.114

防火水槽を活用して放水訓練

川崎市議会議員大都市税財政制度調査特別委員会委員長原 典之

7月1日号

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

市政報告

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

川崎市議会議員 松原しげふみ川崎市議会議員 松原しげふみ

6月24日号

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

市政レポートNo.142

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

みらい川崎市議会議員団 副団長 おしもとよしじ

6月24日号

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook