中原区版 掲載号:2015年12月25日号 エリアトップへ

市政報告 等々力陸上競技場スタンド拡張へ硬式野球場は着工遅れか 川崎市議会議員 松原しげふみ

掲載号:2015年12月25日号

  • LINE
  • hatena

 等々力緑地は多くの運動施設や文化施設に加え緑と水の空間を有しており、良好な都市の環境を創造するために重要な役割を担っています。まさしく市民の貴重な地域戝産であり、多くの方々に親しまれている総合公園となっています。これまでも本市の広域拠点として新たな玄関口にふさわしい魅力あふれる公園を目指し必要に応じ緑地内の整備が進められてきましたが、陸上競技場や硬式野球場等の運動施設については、老朽化の課題が指摘されていました。陸上競技場は1964年に建設が始まり1966年に供用開始となりました。その後メインスタンドの一部に屋根が設けられたりしましたが2009年3月、川崎市議会に等々力陸上競技場の全面改修を推進する会から提出された「等々力陸上競技場の全面改修及びその周辺の施設・環境の速やかな改善に関する請願」が全会一致で採択され、緑地全体の整備が始まりました。陸上競技場については11年から始められた第一期工事(メインスタンド改築)が15年3月に完了し、6階建てのメインスタンドがリニューアルオープンしました。これまでの2万5千人であった収容人員が3万人となりました。今後第二期工事が始まりますが第二期工事は、サイドスタンド、バックスタンドを拡充し、収容人員を3万5千人程度まで増やす計画となっており、今年度は現在の8レーンのトラックから9レーンへ増設、硬式野球場整備によって廃止されるプールをスタンド下への複合化、工事期間中の駐車場スペース確保、Jリーグ開催と施工の進め方などの課題に対しての対応が検討されています。16年度には事業評価を行い、工事の正確さを高めるため、サイドスタンド、バックスタンドの施工法とその手順、スケジュール、整備コストについての検討が行われ、17年度に第二期工事が始まる予定です。

 硬式野球場は1967年に供用が開始され50年が経過し老朽化が激しいため、現在解体工事が進められており、18年6月の完成を目指していますが工事請負業者の選定にあたり今回入札が不調となってしまいました。次回の入札で業者が決まれば予定通りの期日までの完成は見込めますが、それが不調の場合には完成時期が遅れる懸念が生じます。戝政状況が厳しい中、行政は業者が納得する予算を確保することができるのか手腕が問われるところです。すべての市民に親しまれる総合公園となることを願い、今後も活動を続けてまいります。

解体作業が進む硬式野球場
解体作業が進む硬式野球場

松原しげふみ事務所

中原区新城5-2-3

TEL:044-751-8855

中原区版の意見広告・議会報告最新6

感染抑制のためにPCR検査を

県政報告

感染抑制のためにPCR検査を

日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子

10月9日号

市は車両、車中避難体制を確立せよ。

市政報告vol.64

市は車両、車中避難体制を確立せよ。

川崎市議会 自民党川崎市議団副団長 末永 直

10月9日号

国への要望みのり、多摩川の治水対策が決定!

川底土砂掘削工事、下水道ゲートの自動化、監視カメラ設置地など 県政報告Vol.15

国への要望みのり、多摩川の治水対策が決定!

神奈川県議会議員 川本 学

10月9日号

市民の命を最優先に保健所体制の強化を

市政報告

市民の命を最優先に保健所体制の強化を

日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

10月9日号

観測機器のデータとコロナ禍の災害対応

市政レポートVol.14

観測機器のデータとコロナ禍の災害対応

川崎市議会議員 吉沢 直美

10月9日号

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク