中原区版 掲載号:2016年2月19日号
  • googleplus
  • LINE

市政報告N0.10 シニア世代に活躍していただくために 川崎市議会議員 松井たかし

 2月13日(土)に川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)大ホールにおいて、今年で3回目となる「プラチナファッションショー」が開催されました。このイベントは、高齢者の方たちがスポットライトを浴びて花道を歩くファッションショーに参加することで、心身の健康の維持・増進を図り、新たな仲間づくりを通した生きがいや楽しみを発見し、地域社会への参加につなげるなど、一層豊かな人生を送れる一助となることを目的に開催されたものです。

 川崎市では、2020年に65歳以上の割合が21%を超える「超高齢社会」に突入すると予測されています。超高齢社会を生き生きと暮らすためにも、次代を担う子どもを安心して育てるためにも、地域における支え合いや交流が欠かせません。災害から市民の生命や暮らしを守り、そして安全で快適なまちや交通環境をつくるために、地域コミュニティづくりが重要であり、よりよいものとするためには、子ども、若者、子育てをする世代、シニア世代などの多世代が参加し、交流し支え合うことが大切になります。

 また、シニア世代のパワーを活用して地域全体で子育てを支える環境づくりを推進することにより、子どもが安全な環境ですこやかに育つとともに、女性が生き生きと輝き、どこよりも子育てしやすく、子育て世代に選ばれるまちにしていくことができます。

 このように数年後に超高齢社会を迎える川崎市にとっては、シニア世代の方々が豊富な経験や知識、能力を地域で発揮し活躍できる場づくりや活躍するために地域に一歩踏み出す後押しをより一層進めていかなければならないと思います。そのためには、様々な活動の事例や相談窓口のご案内など、地域でよりいきいきとした生活を送るための情報発信がますます重要になってきます。

 本年4月よりスタートする「新たな総合計画」においても、シニア世代の方々に活躍していただくための様々な施策が盛り込まれています。私は、生きがいや楽しみを発見し、地域社会への参加につなげるなど、シニア世代の方々が活躍する場づくりや地域に一歩踏み出す後押し、地域コミュニティづくりに注力してまいります。

松井たかし 

川崎市中原区下小田中2-21-6-202

TEL:044-799-7915

http://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク