中原区版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

(PR)

ドリアン助川さん招いた講演会 2月6日、エポックなかはら

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena
ドリアン助川さん
ドリアン助川さん

 ハンセン病をテーマにした小説「あん」の作者で知られるドリアン助川さんを講師に招いた川崎市主催の「川崎市人権学校」が2月6日(水)、エポックなかはら(川崎市総合福祉センター)で開かれる。午後6時15分から8時。

 演題は「人間には生まれてきた意味がある」。助川さんは詩人、作家、道化師として活躍。1995年から2000年まで務めたラジオ番組で若者から寄せられる様々な相談に真正面から対峙し、人気を博した。現在もラジオ局で人生相談のパーソナリティを務める。

 定員は先着150人で申し込み不要。手話通訳や要約筆記が必要な場合は1月24日まで(【FAX】044・200・3914)。講演のほか、人権施策の資料やパネル展示も行われる。問い合わせは、川崎市市民文化局人権・男女共同参画室(【電話】044・200・2316)。

川崎市人権学校

TEL:044-200-2316

http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000102750.html

中原区版のピックアップ(PR)最新6

イベントを通して豊かなまちへ

イベントを通して豊かなまちへ

NPO法人カワサキミュージックキャスト

6月11日号

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

80代女性の相談「施設に入っている主人が心配」

6月11日号

「電気三輪自動車」で世界へ

今年中に販売開始予定

「電気三輪自動車」で世界へ

(株)日本エレクトライク

6月11日号

生コンに「もったいない精神」を

生コンに「もったいない精神」を

 宮松エスオーシー

6月11日号

植物由来100%の実現めざす

地球、食材、身体に優しい

植物由来100%の実現めざす

(株)ユニオン産業

6月11日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter