中原区版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

意見広告 働くための保育・子どものための保育 川崎の未来を考える会 石井 あつや

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は数年前までは全国の中でも待機児童の多い街でした。近年の政策により川崎市独自の制度の策定、新規保育園の開園などにより完全に解消されたわけではないものの待機児童問題は大幅に改善されています。近年では人口変動により就学前児童数は減少しているものの、共働きの割合が増えるなどの理由により保育施設利用の希望者は増加している。市はこの需要に対応するべく4年間で受け入れ枠を増やす政策を立て待機児童数0を目指しています。

 待機児童数0の実現は安心して子育てと仕事をする上で必要不可欠です。ですが、待機児童数が0になっただけでそれらが達成されるのでしょうか。働く目線で言えば、通勤時に利用しやすい保育施設の立地、病児保育の完備と利用手続きの簡略化、子どもの急な発熱による仕事の中断への対応など。子ども目線で言うと、園庭の設置や近場の公園へのお散歩の動線の確保、公園利用時の安全性の向上、園の保育理念と子どもの成長の関係など、ただ保育施設に入れれば達成できるものばかりではないと考えています。時代の流れによる共働き世帯の増加や、川崎市へ引っ越される方の約8割が20〜40代と言う事を考えると子育て世代への支援が必要です。

 まずは待機児童数0。その達成後に、働く保護者のため・入園する子どものための保育環境がより良くなるように働きかけていく必要があります。

石井あつや

神奈川県川崎市中原区宮内3-14-5 ハイムアネックスB棟101

TEL:044-872-9388

中原区版の意見広告・議会報告最新6

動き出した等々力緑地再編整備計画

市政レポートNo.136

動き出した等々力緑地再編整備計画

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

9月24日号

老朽化・経費負担大きく小中学校のプール廃止について

市政報告

老朽化・経費負担大きく小中学校のプール廃止について

川崎市議会議員 松原しげふみ

9月24日号

「川崎じもと応援券」を新生児へ/妊娠中の方とパートナーにコロナワクチン接種/JR南武線連続立体交差事業、新工法で前進か!?

更なるコロナウイルス対策を―今と未来、両方を見つめて―

市政レポートNo.106

更なるコロナウイルス対策を―今と未来、両方を見つめて―

議会運営委員会委員長 原 典之

9月3日号

桜並木等の保存と渋川について

市政レポートNo.135

桜並木等の保存と渋川について

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

8月27日号

東京五輪を成長の起点に

意見広告

東京五輪を成長の起点に

衆議院議員 やまぎわ大志郎

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook