中原区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

等々力陸上競技場 ラグビーのゴール「復活」 東京五輪、英国選手受け入れへ

スポーツ

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
試験的に設置されたゴールポスト(市ラグビーフットボール協会提供)
試験的に設置されたゴールポスト(市ラグビーフットボール協会提供)

 等々力陸上競技場にラグビーのゴールポストが再整備された。東京五輪で、英国代表チームの事前キャンプ地となるためだ。市担当者は「五輪後は市民が団体利用できるよう検討していきたい」としている。ゴールポスト設置は川崎市ラグビーフットボール協会が署名運動などで要望してきた背景があり、願いが叶った形だ。

 先月22日、ラグビーで使用する13メートルのH型のゴールポストを、等々力陸上競技場の現場スタッフが市ラグビーフットボール協会などの関係者と共に試験的に設置した。

 同競技場は東京五輪2020大会で英国代表チームの事前キャンプ地施設として使用される。競技の一つである7人制ラグビーの練習会場にもなるため、今年1月頃から整備のための工事が行われていた。

 同競技場ではかつて、大学ラグビーの公式戦が行われていたという。しかしJリーグ発足後、サッカーコートとして使用される中でゴールポストを設置する基礎部分が芝生でふさがれて、利用できない状態になっていたという。そこで、市ラグビーフットボール協会は2015年に署名活動を開始。同競技場でのラグビー競技の使用許可と公式戦に対応できるゴールポスト設置の嘆願書を、1万3000人分の署名と共に提出した。これを受けて市は、芝生への負担が少ない小中学生向けのミニ・ジュニアラグビーに限り使用を認めてきた経緯がある。

 今後、ラグビー競技の公式戦を行うためには、芝生の管理や競技用ラインをどう引くかなどの課題がある。使用のためのルール作りなど、行政や川崎フロンターレ関係者との調整が必要となりそうだ。

中原区版のトップニュース最新6

木材使いリニューアル

中原区役所

木材使いリニューアル 社会

エコ意識の向上めざし

1月17日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

まちづくりに「結束力」を

新春インタビュー

まちづくりに「結束力」を 社会

永山区長、2020年を語る

1月10日号

等々力発 3.2キロ

東京2020聖火リレー

等々力発 3.2キロ スポーツ

区内ルート明らかに

1月1日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 社会

福田市長、2020年を語る

1月1日号

「ヘイトに罰則」初条例

川崎市

「ヘイトに罰則」初条例 政治

7月全面施行、市民周知へ

12月20日号

ドコモスマホ教室

体験会やメールの使い方などを分かりやすく説明します

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300307109200

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク