中原区版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

市政レポートVol.2 川崎市の児童相談所は大丈夫? 川崎市議会議員 吉沢 直美

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 幼い命が奪われるなど深刻さを増す児童虐待問題を巡り、子ども虐待防止を強化するために児童福祉法や児童虐待防止法などを改正する法案が6月19日に国会で可決・成立し、体罰禁止、DV対策との連携強化、児相の設置促進・体制強化、関係機関との連携強化等が盛り込まれました。そして今月1日、2018年度の全国の児童相談所における相談・通告対応件数が15万9850件で過去最多を更新したと厚労省より発表されました。

 このような状況の中、私は先の6月議会で、本市の児相の現場職員体制について現況を尋ねました。本市からは、児童福祉司1人当たりの平均持ち件数は58件。寄せられる一日の相談・通告件数は市内3か所の各児相において、数件から十数件。担当職員の受け持ち件数が増加し、負担が過重となっている場合は職員間で調整を行うなど、組織的なマネジメントにより平準化を図り、相談・通告に適切に対応している。また、児童相談システムを導入し、業務の効率化による事務負担軽減を図っているとのことでした。

 職員の人員不足が指摘されている中で、毎年増え続ける相談や通告に対し確実に状況を確認し対応しなければなりません。職員が面会へ行っても虐待する親が実態を隠す中で、それを炙り出すのは非常に困難であり、激しく騒ぎ立てる親たちにも忍耐強く対応し続けなくてはなりません。虐待を特定し、保護に至らなかった場合にも、虐待が疑われるケースは継続支援の対象となり、その件数は膨らんでいくことになります。職員は「子供の命の危険」に対する責任というプレッシャーの中で、時間的な制約によるストレスに加え騒ぎ立てる親たちや心を開いてくれない子どもたちなどに、感情をコントロールして対応しなければなりません。

 相談・通告が毎年過去最多を更新している現状で、職員一人ひとりが多大な負担を抱えている重さを受け止め、先ず子どもを守るためには、職員一人ひとりの負担やストレス軽減、職員に求められている専門性と資質、人材確保を最優先に考えて、子どもから信頼され頼られる職員を一人でも多く育成し、現場の体制強化に尽力していただくよう、本市に要望致しました。

吉沢直美

神奈川県川崎市中原区中丸子13-10-1110

TEL:044-872-8037

http://n-yoshizawa.jp

9月5日不動産フェア2019

宅建チャリティ寄席@エポック中原

http://www.kawasaki-naka.jp/

<PR>

中原区版の意見広告・議会報告最新6

効果的な児童虐待対策を

市政報告Vol.4

効果的な児童虐待対策を

川崎市議会議員 重冨たつや

11月15日号

多摩川水害の克服を

市政報告vol.52

多摩川水害の克服を

自民党川崎市議団副団長 末永 直

11月8日号

台風19号から2週間

市政報告Vol.5

台風19号から2週間

川崎市議会議員 松川正二郎

11月1日号

相鉄線が、JR横須賀線・武蔵小杉駅乗り入れへ

市政レポート

相鉄線が、JR横須賀線・武蔵小杉駅乗り入れへ

自民党川崎市議団 原 典之

11月1日号

台風被害を受けて市長へ緊急要請を実施

市政レポートNo.118

台風被害を受けて市長へ緊急要請を実施

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

10月25日号

被害を繰り返さないために

市政レポートVol.4

被害を繰り返さないために

川崎市議会議員 吉沢 直美

10月18日号

必見!幼保無償化の裏側。川崎市と国とで実は財源をめぐる熾烈なバトルが繰り広げられていた!

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク