中原区版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

(PR)

コロナ対策徹底し、快適な環境で 医療レポート 「日帰り白内障手術」進化続け20年 武蔵小杉駅北口目の前 眼科『小杉タワークリニック』

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
雨風、寒さもしのげるビルフロア内に立地
雨風、寒さもしのげるビルフロア内に立地

北海道、都心で再び猛威

 欧米でロックダウンが発令され、日本でも北海道や都心で再び猛威をふるい始めた新型コロナ。マスクや消毒などの対策は浸透しているものの、盲点なのが眼だ。日本眼科学会では、口や鼻だけでなく眼の結膜からも感染の可能性を指摘。冬の乾燥や春の花粉など眼のトラブルが増える時季だけに「洗っていない手で目を触る」などの癖がある人は要注意だ。メガネや花粉用ゴーグルを装着するのも有効策の一つというが、コロナを警戒するあまり受診を控えることは症状悪化のリスクにもなる。それゆえ、どの医院も感染対策を強化し患者を受け入れている。

約80坪の広さ、予約優先で患者を分散

 小杉駅北口の『小杉タワークリニック』は眼科では珍しい約80坪の広さで、元来広々した待合室に加え、院外にも座席を設置。ビルのフロア内にあるため、寒さや雨風を凌げる環境が整う。コロナ前から導入している予約優先システムでは、時間を分散し患者の密集を回避。白内障手術もクリーンルームで行われ、希望者はマスク着用で手術も可能だ。消毒や検温も徹底し、現状コロナ感染は確認されていない。

マスク着用で手術も可

 小杉周辺では2002年に同院が初めて導入した「白内障手術」は、年々進化を遂げている。開業当時は1時間ほど要していた手術時間は、新機器により10分未満にまで短縮。手術の傷口も、5ミリ超から2ミリ程に縮小し、ほぼ無痛に。遠近両用など利便性が高い眼内レンズ(自由診療)は、長期的にはコンタクトレンズや眼鏡より低コストとあってニーズが高まっているという。同院の林院長は「20年前と比べリスクは大幅に軽減され、快適な手術になってきている」と話す。

5医院で感染対策

 緑内障、糖尿病網膜症、ドライアイなども増加傾向で、「早期発見が重要。40歳を過ぎたら定期検診を」と林院長。同院は平日19時まで受付。

 同院がある『武蔵小杉駅前メディカルプラザ』には、耳鼻咽喉科、整形外科、内科、歯科を併設。医師同士が連携しコロナ対策も徹底。駅・バス停・タクシー乗り場が目の前で、エレベーターもあり、高齢者や障害者、子連れでも安心だ。

手術室もその時代の最新の設備に
手術室もその時代の最新の設備に

小杉タワークリニック

川崎市中原区小杉町1-403 1階

TEL:044-712-1077

http://www.kosugitowerclinic.com/

不動産高額買取強化中‼︎

武蔵小杉で50年の実績と信頼、(株)山協商事にお任せください

https://sankyoushouji.com/

<PR>

中原区版のピックアップ(PR)最新6

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

たちばな銀杏霊園

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

1月16日(土) 17日(日) 見学会

1月15日号

エアコンか換気扇洗浄が4000円

奥様応援キャンペーン(1月末まで)

エアコンか換気扇洗浄が4000円

1月15日号

美術品・骨董品を高価買取り

1月17日「お宝無料鑑定会」開催 予約優先

美術品・骨董品を高価買取り

生前整理・遺品整理の相談だけでもOK

1月8日号

イスの張替えはお任せ

イスの張替えはお任せ

家具修理専門「家具のサイトウ」

1月8日号

小杉駅北口、実績の医療モール

眼科・耳鼻咽喉科・整形外科・内科・歯科

小杉駅北口、実績の医療モール

1月1日号

地域と歩んで43年。信頼と実績で、快適な住まいを―

地域と歩んで43年。信頼と実績で、快適な住まいを―

(株)興建 代表取締役 小林政男さん

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク