中原区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

(PR)

おひとり様に「委任契約」のススメ 神谷司法書士事務所

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena
司法書士の神谷さん
司法書士の神谷さん

 「70歳も過ぎて連れ添いも先立ち、あとは自分1人。身近な親族もおらず、死後の始末をどうしたらいいのか」。そんな切実な相談が寄せられているのは、地域密着で相続などの心配事に応える神谷司法書士事務所だ。

 人が亡くなった後の手続きは▽病院費用の精算▽電気ガス水道の解約▽親しい人へ連絡▽火葬・埋葬▽住まいの整理・処分など、多岐にわたる。これらは「死後事務」と呼ばれ、当人に身寄りがない場合、生前から心配の種になっている。

 「そんな人にこそ知ってほしいのは、『死後事務委任契約』です。司法書士や弁護士などに死後事務の処理を依頼できます」と話すのは、同事務所代表の神谷直さん。

 神谷さんは依頼人が元気なうちに契約を結び、定期的な面談を行う中で、晩年のことや死後の始末の在り方について専門家の視点から助言しているという。「もちろん、引き受けてくれる親族がいれば生前から話しておくのも大切です。お彼岸を機に一度考えてみませんか」と神谷さん。

 同事務所はオンライン相談も受付中。まずは左記へ電話を。

神谷司法書士事務所

川崎市中原区新丸子東1丁目791-3朝日サンライズ多摩川212号

TEL:044-948-9260

https://kamiya-office.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

イベントを通して豊かなまちへ

イベントを通して豊かなまちへ

NPO法人カワサキミュージックキャスト

6月11日号

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

80代女性の相談「施設に入っている主人が心配」

6月11日号

「電気三輪自動車」で世界へ

今年中に販売開始予定

「電気三輪自動車」で世界へ

(株)日本エレクトライク

6月11日号

生コンに「もったいない精神」を

生コンに「もったいない精神」を

 宮松エスオーシー

6月11日号

植物由来100%の実現めざす

地球、食材、身体に優しい

植物由来100%の実現めざす

(株)ユニオン産業

6月11日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter