中原区版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

市政報告vol.77 生活保護費の約1700万円を浮かす川崎市の取組と、生活困窮者支援 川崎市議会議員 末永 直

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena

1、コロナ禍で生活保護受給者は増えたか?

 生活保護業務等について取り上げました。去る9月21日、決算審査特別委員会、健康福祉分科会での質問においてです。結論を申すと「増加は見られない」(担当課長より)とのことでした。

 とはいえ、令和2年度の平均生活保護受給世帯数は約2万世帯、生活保護扶助費の支出済み額は約562億円にものぼります。現在も多くの方が住居確保給付金等を受給されており、「動向を注視していく必要がある」状況です。

2、保護費のムダなくすレセプト点検強化

 増え続ける医療扶助費の更なる適正化を推進するための「レセプト点検」の具体的な取組内容と費用対効果を質問しました。【1】主に専門資格を有する会計年度任用職員が年間約70万件を点検していた、【2】平成30年度から機械点検を並行して導入した、【3】令和2年度から、医療レセプトと介護レセプトの重複請求の有無も機械点検により実施した、【4】約143万円かけ(株)エヌ・ティ・ティ・データに委託。これらの取組が行われていることがわかりました。

 結果、約640万円の医療扶助費が浮きました。その一方で、介護予防等で必要とする方に必要な対応ができなくなったのではとの声も寄せられていますので、今後しっかりと検証していかなくてはなりません。

3、ジェネリック医薬品の使用で支出抑制

 ジェネリック医薬品の使用についても質問しました。平成30年の生活保護法改正以降、自己都合で先発医薬品からジェネリック医薬品を使用している生活保護受給者に対して、ケースワーカーが指導を行っています。令和2年度における使用率は、全国の目標値80%に対して「本市は約92%」「効果額は推計で約1千95万円」とのことです。

4、住居確保給付金、だいJOBセンターの活用を

 令和2年4月に生活困窮者自立支援法施行規則が改正され、本人の責任や都合によらず就労機会が減少し、減収した方にも対象が拡大された住居確保給付金事業において、住居確保給付金の申請が急増。令和2年度の申請件数は約6千件で令和元年度の約25倍、支給総額は約6億6千万円にも上っています。

 対策として、だいJOBセンターにおいて、住居確保給付金業務を行うための事務員を17名、就労支援等を行う相談員を5名増員。給付金の円滑な支給と適切な相談支援が行えるよう体制を整備したようです。

 今回コロナ禍等に伴う生活困窮者対策として、だいJOBセンター職員の出張派遣等、相談事業の充実等要望しました。

 川崎市住居確保給付金専用ダイヤル【電話】0120・130・620(月〜金※祝日除く、8時30分〜18時)。

 ご活用ください。

末永直

suenagayuke26@gmail.com

TEL:044-789-5823

http://suenagayuke.com/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

等々力プール復活決定

市政レポートNo.108

等々力プール復活決定

議会運営委員会委員長大都市税財政制度調査特別委員会委員長 原 典之

12月3日号

新アリーナと区スポーツセンター建設へ

市政レポートNo.138

新アリーナと区スポーツセンター建設へ

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

11月26日号

水道事業に多額の余剰金

市政報告Vol.12

水道事業に多額の余剰金

川崎市議会議員 重冨たつや

11月19日号

生活保護費の約1700万円を浮かす川崎市の取組と、生活困窮者支援

市政報告vol.77

生活保護費の約1700万円を浮かす川崎市の取組と、生活困窮者支援

川崎市議会議員 末永 直

11月12日号

『令和2年度決算を通して』

市政報告 Vol.16

『令和2年度決算を通して』

川崎市議会議員 松川正二郎

11月5日号

「住み続けたい街へ」〜消費喚起×マイナンバーカード普及率向上〜

市政報告

「住み続けたい街へ」〜消費喚起×マイナンバーカード普及率向上〜

公明党川崎市議団 川島 まさひろ

11月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook