神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年2月9日 エリアトップへ

能登の地震 日本酒で支援を 「たけくま酒店」で募金企画

経済

公開:2024年2月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
宮川大祐さん。店頭には告知文も設置
宮川大祐さん。店頭には告知文も設置

 取り扱う日本酒の豊富さで定評のある「地酒や たけくま酒店」(本店・幸区)では、能登半島地震の被災地支援のため、日本酒を通じた募金企画を実施している。日本酒を1本買うごとに50円が募金に回る仕組みで、店で扱う日本酒全てが対象だ。2月17日まで。

 石川県の能登地方は、江戸時代から続く酒造りの技能者集団「能登杜氏」で知られる日本有数の酒どころだ。「たけくま酒店」の本店や元住吉店(中原区)でも、石川県の酒蔵の日本酒が常時、数種類以上が店頭に並んでいる。

 代表の宮川大祐さん(52)が地震直後から被災地の酒造会社と連絡を取っていたところ、深刻な被害を受けていることが分かった。

 1月上旬には白山市の「車多(しゃた)酒造」のスタッフと都内で会う機会があり、「酒造りのために白山市に出張していた能登杜氏8人が帰省先で被災し、自宅を失った。今後は白山の寮に家族と暮らせるよう手配中だ」との話を聞いたという。「同業者としてできることを考えました」と宮川さん。1月18日に企画を立ち上げた。

 集めたお金は石川県酒造組合義援金口座へと募金する。宮川さんは「日本酒を楽しみながらご支援いただけます。お好きな方はこの機会にぜひ」と呼び掛けている。

中原区版のローカルニュース最新6

明治安田が協賛金

明治安田が協賛金

「かわさきTEKTEK」に

2月23日

「多文化共生のミュージアムを」

市民有志

「多文化共生のミュージアムを」

おおひん地区に 協賛呼び掛け

2月23日

偲ぶ会に130人

故・川本学さん

偲ぶ会に130人

「愛ある政治家」に別れ

2月23日

人生、まだまだこれから

人生、まだまだこれから

100年時代を生きるヒントを世界最高齢の男性サーファー 佐野さんに聞く

2月23日

町会と協力し美化活動

中原RC

町会と協力し美化活動

大戸神社の歴史も学ぶ

2月22日

花桃に人だかり

セレサ川崎

花桃に人だかり

JR川崎駅でPR展示会

2月21日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook