神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年6月10日 エリアトップへ

市の子どもの権利条例 データが示す「充実度」

教育

公開:2024年6月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
山田洋志さん
山田洋志さん

 全国の「子どもの権利条例」をデータ分析したところ、全国に先駆けた川崎市の「子どもの権利に関する条例」の「本気度」が改めて確認された。ITベンチャーの社長で、条例の普及・啓発活動を続ける「かわさき子どもの権利フォーラム」事務局の山田洋志さん(43)=高津区在住=が分析し、昨夏の自治体学会川崎大会で発表した。

 「川崎市子どもの権利に関する条例」は、日本が1994年に「子どもの権利条約」を批准したことを受け、2000年に市が全国に先駆けて条例化し、翌年施行した。「安心して生きる権利」や「ありのままでいる権利」など子どもたちの7つの権利を保障し、「子ども会議」など権利を守る制度についても条例に定めてある。

 川崎以後、全国で「子どもの権利条例」の制定が進み、現時点で69の自治体で条例が制定されている。山田さんはこれらの条例について、テキスト化してデータを分析。すると川崎の条例が「基本」となったことや「本気度」の高さが確認されたという。

 まず文章を単語に分けたうえで、それぞれの文章を比較する手法で分析。条文に使われる単語が重なるほど「1」に近づくが、市の条例との対比で約98%の自治体が0・7以上以上だった。山田さんは「かなりの頻度で川崎の条例が直接・間接的に参考にされたことが分かる」という。

制度も充実

 条例が保障する権利の数では、川崎は「7」だが、国連の「子どもの権利条約」が掲げた「4つの原則」に習った自治体が圧倒的だった。条例に関連する制度に関しては、【1】「権利の日」【2】「こども会議」【3】相談・救済制度【4】行動計画【5】検証制度の、5項目の有無を点数化して10点満点で算出したところ、川崎市は9点で岐阜県多治見市、埼玉県北本市と並び1位に。「0点」の自治体も複数あった。抽象的な内容の自治体もある一方で、川崎の条例は【1】〜【5】のすべてを備えており、山田さんは「権利を守るための制度が充実している」と述べる。

 「子どもの権利条約総合研究所」の顧問で元早稲田大学教授の喜多明人さんも「川崎市の条例は他のどの条例にもない特色を持っている」と指摘する。「一つ目は審議の回数。昨今は10数回が多いが、川崎は250回を超える会議を経て作られた。二つ目は条例担当部局が教育委員会だった点。三つ目は、『部活は自分で決めたかったのに親に決められた』といった子どもたちの現実的な声を代弁して『自分で決める権利』が生まれ、現実を変えるための権利を大切にしたことです」

 6月16日(日)には川崎市子ども夢パーク(高津区)で、NPO法人「わかもののまち」代表理事の土肥潤也さんによる記念講演「子どもの声を聴くために」も開かれる。先着50人。申し込みは二次元コードから。

中原区版のローカルニュース最新6

今年は35人で活動

中原地区少年消防クラブ

今年は35人で活動

中原署で結成式

7月12日

「親なきあと」を考える

「親なきあと」を考える

7月30日 武蔵中原で

7月12日

新三役で新年度スタート

新三役で新年度スタート

区内ライオンズクラブ

7月12日

孤立を防ぐ人垣支援

「かわさきTSネット」始動

孤立を防ぐ人垣支援

障がい者などの触法行為に

7月12日

ピアノソロの音色響く

サンフォニックス

ピアノソロの音色響く

25回目の無料公演

7月12日

健康・医療情報

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

なかはらコアまつりに関するお知らせ

なかはらアート作品を彩るメッセージを募集/なかはらコアまつり「100人でいろいろねいろ」出演者募集!

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook