神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年7月5日 エリアトップへ

川崎市制100周年 「世界的な挑戦を続ける」 福田市長、先人への感謝込め式辞

社会

公開:2024年7月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
節目に花を添えたオーケストラ・合唱団(上)と、式辞を述べる福田市長
節目に花を添えたオーケストラ・合唱団(上)と、式辞を述べる福田市長

 川崎市の市制100周年記念式典が7月1日、ミューザ川崎シンフォニーホールで開催され、関係者や出演者ら約1900人が出席した。

 主催者代表であいさつに立った福田紀彦川崎市長は、関東大震災翌年に誕生し、戦災からの復興や京浜工業地帯の中核都市として高度成長をけん引した川崎市の歴史を振り返り、「災害や課題を市民と協力し乗り越え、素晴らしいまちへと発展した」と強調。次の100年に向け、「ものづくり産業を誇りつつ、脱炭素化や、新薬、新エネルギーなど新たな価値・製品の発信、世界的な挑戦を続ける」と決意を示した。

 来賓代表で登壇した青木功雄川崎市議会議長は、県庁所在地ではない自治体の中で川崎市が唯一人口100万人を超えていることに「挑戦し続けてきたベンチャーのまちだから」と評価。「工場や企業の誘致、上水道の敷設など、歴史をつくってきた先人たちがいて今の川崎市がある。挑戦する精神で、日本の課題を解決し、世界に貢献できるはずだ」と期待を込めた。

 式典では、節目を記念し市民らで結成されたオーケストラ・合唱団約520人が記念演奏を披露。「好きですかわさき愛の街」など4曲を熱演し、会場を沸かせた。

 また、各分野での優れた功績をたたえる「市政功労賞」、将来性にも期待を込めた「未来賞」など、228者を表彰。式典を終え福田市長は、「市の発展に寄与した人と一緒に祝えて良かった。今後、緑化フェアや市民祭りなど、多数のイベントが予定されている。川崎市を知って、関わって、好きになってもらえたら」と話した。

中原区版のローカルニュース最新6

今年は35人で活動

中原地区少年消防クラブ

今年は35人で活動

中原署で結成式

7月12日

「親なきあと」を考える

「親なきあと」を考える

7月30日 武蔵中原で

7月12日

新三役で新年度スタート

新三役で新年度スタート

区内ライオンズクラブ

7月12日

孤立を防ぐ人垣支援

「かわさきTSネット」始動

孤立を防ぐ人垣支援

障がい者などの触法行為に

7月12日

ピアノソロの音色響く

サンフォニックス

ピアノソロの音色響く

25回目の無料公演

7月12日

健康・医療情報

なかはらコアまつりに関するお知らせ

なかはらアート作品を彩るメッセージを募集/なかはらコアまつり「100人でいろいろねいろ」出演者募集!

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook