大和版 掲載号:2011年4月15日号
  • googleplus
  • LINE

20回目の作品展を開催するきりえサークルの代表を務める 渡邊 恭一郎さん 深見台在住 69歳

切り絵で楽しく長生きを

 ○…桜丘学習センターで30代から70代までの25人が活動するきりえサークルの代表として指導をしている。「画用紙とデザインナイフさえあれば誰でも始められます。作品展できりえの魅力を知って始めた人もいるので一度どんなものか見にきてください」。

 ○…若いころから仕事も趣味も熱中しやすい性格。船乗りに憧れて専門の水産学校に進み、20代のころは遠洋漁業をしていた。30代からは電車の設備の仕事に転職し、新幹線こだまの製造にも携わったりと全国各地を飛び回る忙しい人生だったが「汗をかいて働くのが好きな仕事バカだった。今でも頼られることがあるんだよ」と満足そうに語る。仕事のおかげかいまだに風邪ひとつひかない健康な体が自慢。友人と登山をしたり、温泉旅行に行ったりと歳を感じさせない。

 ○…過去の体力勝負の仕事とは真逆の繊細な切り絵に出会ったのは22年前。書店で見かけた切り絵の本パラパラと見ているうちに「面白そうだし、簡単なものなら自分にもできそうだ」となんとなくきり絵の世界に足を踏み入れた。すぐにどっぷりとはまってしまい、本を買い集めた。父が使っていた書斎をアトリエにし、8年間独学で技術を身につけた。5年ほど前にサークルに入り、指導をしながら自身の技術を磨いている。みんなで同じデザインのものを作ってもそれぞれの性格や個性が出るのだという。「デザインも色の付け方も自分で好きなように工夫できるのが楽しい。集中力も養えるし、指先の運動にもなる。時間のあるお年寄りにはもってこいなんだよ」と目を細める。

 ○…妻や子、母との6人暮らし。妹と娘も芸術関連の仕事に携わっており「そういう血筋なのかな。家族のリクエストに合わせて作ることあるんですよ」とにっこり。今日も桜の見える自分だけのアトリエで作品作りに励む。「まだまだ元気に続けていきたい。目指すは百歳まで」。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6件

牛山 保さん

神奈川県央小売酒販組合 大和支部の支部長に就任した

牛山 保さん

3月16日号

阿座上 広希さん

大和リハビリテーション連絡会の会長を務める

阿座上 広希さん

3月9日号

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

日本舞踊「宗柳流みゆき会」の20周年記念大会を2月25日にシリウスで行う

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

2月23日号

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク