足柄版 掲載号:2018年8月18日号
  • LINE
  • hatena

山北町 職員が音楽で地域貢献 やくばんど 「オファーがあれば出演します」

文化

演奏するメンバー
演奏するメンバー

 山北町岸地区で4日に開かれた夏祭り。ステージに山北町役場の職員らで構成される音楽バンド『やくばんど』が登場した。ベンチャーズや「亜麻色の髪の乙女」「また逢う日まで」などを披露。ライブが終わると会場から「良かったよー」の声が飛んだ。

路上ライブで初演奏

 『やくばんど』のデビューは2014年秋に山北駅周辺で開かれた夕市での路上ライブ。その後、町内の祭りなどに依頼があると出演し、地域貢献として活動している。職員と町民とのコミュニケーションにもつながっており、地域からも好評だ。

 バンドマスターは現在、再任用で町民税務課に勤務している鈴木昌樹さん(61)。高校、大学と、音楽活動をしていた、という根っからの音楽好き。

 入庁後に加わった役場のバンドは自然消滅になったが、5年ほど前に「音楽ができる若手職員が入った」ことから“やくばんど”の名前で、新たに音楽活動をスタート。

 鈴木さんは「人様に聞かせるレベルではない」と謙遜するが、客層に合わせて選曲するなどステージ構成などにも力を入れる。メンバーは他に、職員の深井将時さん(54)、井上知洋さん(30)、中戸川敦誌さん(29)の4人と深井さんの娘で“助っ人”で参加する深井ほのかさん(22)の5人。

「賑やかしになれば」

 出演料なしのボランティア。「地域の賑やかしになれば」とオファーがあれば応じている。作曲も手掛ける鈴木さんは「作詞をしてくれる人がいればオリジナル曲も検討したい」と意欲をみせる。

 町の元気に職員の音楽が一役を買っている。

足柄版のローカルニュース最新6件

南足柄「道の駅」が対象に

地方創生拠点整備交付金

南足柄「道の駅」が対象に

3月16日号

「でごにぃ」海苔の袋に

山北中

「でごにぃ」海苔の袋に

3月16日号

鳥獣被害対策セミナー

人形供養祭などで寄付

「好きなこと見つけよう」

目標額300万円達成

「ロンちゃん」塗装費

目標額300万円達成

3月16日号

医療から介護まで

管理栄養士、薬剤師、看護師、介護士 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月9日0:00更新

  • 3月2日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク