戸塚区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

クローバースポーツクラブ設立10周年記念し、式典汲沢小拠点に交流

スポーツ

多くの関係者が集った式典
多くの関係者が集った式典
 区内唯一の総合型地域スポーツクラブ「クローバースポーツクラブ」が3月4日、汲沢小学校体育館で設立10年を祝う記念式典を開催した。

 「総合型地域スポーツクラブ」とは、スポーツ基本法に基づき文部科学省が推進する、地域住民が自主的に運営する団体。地元で多種目のスポーツを楽しむ場を作ることで、多世代の交流や健康づくりを目指す。全国に設置されており、横浜市内には現在、24団体がある。

 式典当日は同クラブの会員や、横浜市体育協会、総合型地域スポーツクラブ連絡協議会などの関係者130人が出席した。市体協や汲沢小学校への表彰、10年間継続して教室の指導をしてきた7人の指導者と、10年間継続して参加した4人の会員に対し、感謝状贈呈が行われた。同クラブの石井徹代表は「無我夢中で続けてきた10年間。今後も地域の健康寿命の増進を目標にし、さらに障害のある人も楽しめるような場も作っていきたい」と決意を述べた。

4つの組織が連携

 汲沢小学校を本拠地とするクローバースポーツクラブでは、汲沢小学校と3つの連合町内会(踊場地区、汲沢地区、北汲沢)が連携して活動している。

 今年度はグラウンドゴルフやバドミントン、卓球といったスポーツ競技のほか、子どもが折り紙などで遊べる「あそびの広場」、健康麻雀など13教室を、毎月第2、第4土曜日に開催してきた。

地域へのPRに注力

 同クラブは地域と連携した活動にも積極的だ。2014年には戸塚高校のダンス部とバトン部に講師を依頼。生徒らは競技を通じて、地域の子どもたちと交流を持っている。また今年度策定された第3期戸塚区地域福祉保健計画(とつかハートプラン)にも、地域における健康増進の活動例として取り上げられた。

 過去には元プロ野球選手を招いたキャッチボールのイベントや、ミニフェスタなどを開催しながら、地域へのPRを続けてきた。同クラブによると、年会費の安さ(個人3000円)も要因となり、年々順調に会員が増加。今年度は幼稚園児から90代まで210人が会員として登録している。

 同クラブ事務局長の加藤邦雄さんは、10年連続会員として表彰を受けた妻の輝子さんとともに、クラブに関わり続けてきた一人だ。「妻も健康づくりを通して友達が増えることに、喜びを感じている」と話し、麻雀教室の講師としても「参加者がいきいきしている様子を見るのが楽しくて仕方がない。指導の甲斐がある」と語った。

バトンを教える戸塚高校の生徒
バトンを教える戸塚高校の生徒

戸塚区版のローカルニュース最新6件

キルト200作品に感嘆の声

かながわベスト介護セレクト20で受賞

市大会に4000人

民生委100周年

市大会に4000人

11月23日号

ビジネス特許を初取得

区内企業

ビジネス特許を初取得

11月23日号

大晦日、カラオケしよう

エフエム戸塚

大晦日、カラオケしよう

11月23日号

親子でダンスやスポーツ体験

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民100人が歌声披露

ゴスペルコンサート

市民100人が歌声披露

11月25日 戸塚公会堂

11月25日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク