戸塚区版 掲載号:2017年5月11日号

「おおわらじ」、3年振り新調 文化

下倉田南谷戸のシンボル

「おおわらじ」を前にする「和楽路会」メンバー(中央が金子会長)
「おおわらじ」を前にする「和楽路会」メンバー(中央が金子会長)

 下倉田町にある「南谷戸のおおわらじ」が、地域住民らで構成される、南谷戸和楽路会(わらじかい)(金子喜久男会長)の手により、3年ぶりに新調された。4月30日には、多数の見物人が訪れたなか、記念式典も開かれ、町のシンボルとして親しまれる「おおわらじ」の掛け替え作業を行った。

 この「おおわらじ」は、大正初期に土地の青年たちが農業に従事する傍ら、副業として藁加工を始めたことをきっかけとしたもの。100年ほど前から五穀豊穣を願う南谷戸の象徴として「おおわらじ」が作成されるようになり、現在に至るまで脈々と続いている伝統行事だ。そうした点が評価され、1993年には横浜市地域有形民俗文化財に登録されている。また、米国ハワイ州のホノルル美術館からの依頼で展示用わらじを作り、送ったこともあるという。

 吊るされた「おおわらじ」は風雨にさらされることから傷み具合によって3〜4年ごとに作り替えられる。大きさは全長3・5m、幅1・5m、重さは約200kgにもなる。代々伝わる製作図面などを参考に新調される。今回は2014年の4月に作成した「おおわらじ」をこの4月6日に「和楽路会」が下し、会員ら約50人がもち藁を手作業で編み込みながら作り上げていった。

 金子会長は「若い人たちが中心に作業を進めていく形になった。この地域を代表する伝統文化なので、次の100年、その先の100年と継続していってもらえると嬉しい」と話した。
 

関連記事powered by weblio


県中央エリアを完全網羅

神奈中タクシーのスマホ配車アプリが誕生!音声自動受付サービス配車もスタート!

http://kanachu-taxi.co.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/