保土ケ谷区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

区の歌、誕生から10年 聴衆も含め合唱

文化

最後は聴衆も一体となり「区の歌」を大合唱した
最後は聴衆も一体となり「区の歌」を大合唱した
 10年前に誕生した「区の歌『わがまち、保土ケ谷』」の普及などを目的にした「保土ケ谷合唱祭」がこのほど、花見台のかながわアートホールで開かれた。

 10回目の開催となった今年は小・中学校の合唱部や吟詠を主とした音楽団体、女性コーラス団体など13団体が出演し、日ごろの練習の成果を披露した。

 青木敏彦実行委員長は「小中学生の若いのびやかな声で歌われた『区の歌』に歌や保土ケ谷の今後の発展を感じた」と話した。

 フィナーレは聴衆も含め会場に集まった全員で合唱。譜面を見ることなく歌う参加者も多く、実行委員会関係者は「90周年という節目の年にしっかりと楽曲が認知されている」と手応えを感じている様子だった。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

2018年3月オープン

東戸塚に介護付ホーム、介護付有料老人ホーム新設。資料請求、ご入居相談受付中。

http://sweetpea.co.jp/news/office/nursinghome-higashitotsuka

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ここに生きる」上映

「ここに生きる」上映

アートホールで15日

12月15日~12月15日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 成人の矯正治療

    あなたの街の歯医者さんが教えます― 保土ケ谷歯科医師会連載コラム(26)

    成人の矯正治療

    井坂矯正歯科 井坂 文隆

    12月7日号

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク