高津区版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

高津物語

連載第九八八回  「オリンピック選手村」

幻の東京五輪選手村誘致活動の様子
幻の東京五輪選手村誘致活動の様子
 昭和十五年に日本が立候補した「オリンピック競技大会」は、評決の結果、フィンランドを大差で破り、東京に決定した。

 オリンピックが初めてアジアでの開催が決定した大会で、今日なお「幻の東京オリンピック」と呼ばれている。この大会のメイン・スタジアムは、東京都世田谷区駒沢にある「駒沢オリンピック競技場」に決定していて、水泳競技も二子玉川遊園地内の「玉川プール」が予定されていた。

 オープニング・セレモニーは「ターザン俳優」のジョニー・ワイズミューラーが招かれて初泳ぎを飾った。

 併せて「オリンピック選手村」は、川崎市高津区下作延の津田山山頂にあった「厚生省青年修練道場」を充てることと、野津先生が決め、正式決定していた。

 この道場は、野津譲先生が厚生省現職時代に、企画して建築させたもので、極めて大きな建物であった様だ。当時七才の私は実物を見ていないので、想像でいうより仕方ないからだ。

 この「厚生省青年修練道場」は「戦後の代々木オリンピック大会前、東京で戦前、オリンピックが開催される予定をしてました。その問題のオリンピック選手村は津田山を予定してあった。そこは野津先生、東京都、厚生省が打ち合わせ済みで、半ば用意された候補地でした。戦争の為、中止になったので、野津先生が中心となって、国民体育道場として使われてきました。戦後、其の侭になった、いわれのある場所です。」(『野津譲の世界』学芸書林所蔵「植木信子手記『産報(産業報因)時代』」とある。

 近衛文麿首相が危機を乗り切る為「大政翼賛会」を発足、産業報国会と名を変えて、日本翼賛壮年団の発足となり、野津先生も立場上理事となられた。「日本国民の健康生活の指導に取り組みたいという強い信念と熱意があったからだ」という。野津先生は戦後も、「宮ノ下」バス停付近津田山麓で、小児科医を開業して地域医療の増進に励まれていた、偉い人である。

関連記事powered by weblio


高津区版のコラム最新6件

高津物語

高津物語

10月20日号

高津物語

高津物語

10月13日号

高津物語

高津物語

10月6日号

高津物語

高津物語

9月29日号

高津物語

高津物語

9月22日号

高津物語

高津物語

9月15日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

どうする!?親の通い介護

どうする!?親の通い介護

11月10日 区役所で講演会

11月10日~11月10日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一七回

    高津物語

    「二子玉川音頭」

    10月20日号

  • 高津物語

    連載第一〇一六回

    高津物語

    「二子亀屋」

    10月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク