高津区版 掲載号:2017年8月4日号

連載第一〇〇七回

高津物語

「麻疹(はしか)」

 太平洋戦争の最中、東条英機内閣のプロパガンダ政策である「産めよ増やせよ!」を真に受け、父と母は二人の子を出産した。

 私の後の出産で妹と弟が、生まれた。誕生記念の写真を見て、見るからに頭の賢そうな女の子だった。

 美人薄命というが、生まれて一年くらいで死んでしまった。食べ物も無く、ドライ・ミルクも配給で少ししか手に入らなかった。

 季節が寒くなり、風邪をひき、肺炎を併発、高熱を発して死んでしまった。

 私はまだ幼稚園にもいかない幼児だったけれど、大人の話で、酸素ボンベが手に入らず、酸素ボンベさえあれば、命が助かるのに、という悲痛な話を聞いた。

 可哀想な妹を見て、私は代われるものなら代わってやりたいと、思ったものだ。

 お医者さんはこの時は溝口神社前の川浪先生で、自転車で往診して下さった。

 戦局が厳しくなり、大人の食べる物も欠乏し、耐乏生活を強いられた。

 続いて、その下の男の子も、肺炎で死んだ。

 麻疹―はしか、一生に一度の大患いと言われ、今日では疾病にもならないが、栄養状態の悪い江戸時代や物質の欠乏した太平洋戦争中など、麻疹に罹り肺炎を併発して死に至らせた。

 現在でも肺炎は死亡順位の第三位と高く、私の二番目の兄(立命館大学教授)も、肺炎で亡くなった。

 麻―しびれる、疹―温熱病の発疹を指し、麻疹に罹ると、発病して咳こみ、涙目になり、口中粘膜に白点を生ずるなどの症状を見せるのが特徴。

 熱が出てから三〜四日で出疹が始まり、頭、顔、胸、背中から手、足にも湿疹が出る。

 順調なら三、四日で発疹も隠れ、熱も引いて回復する、という。

 が問題は拗らした時。日頃から抉らす事のない様に日頃の細心の注意こそが必要なのだ。

 マスクを着用して、なるべく外出を控えて、人混みから遠ざかり、極力温かく安静にし、外出から帰ったら必ず含嗽薬で嗽をして、風邪に罹らない最善の準備をしておくべきだ、というのが長生きのコツだ。

関連記事powered by weblio


薬の調剤、漢方相談のカバヤ薬局

10月29日(日) 漢方・中医学を利用した妊活セミナー開催!

http://www.kabaya-pharmacy.co.jp/kanpo/info/index.html#news113

<PR>

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇一二回

高津物語

9月15日号

高津物語

連載第一〇一一回

高津物語

9月8日号

高津物語

連載第一〇一〇回

高津物語

9月1日号

高津物語

連載第一〇〇九回

高津物語

8月25日号

高津物語

連載第一〇〇八回

高津物語

8月18日号

高津物語

連載第一〇〇六回

高津物語

7月28日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一二回

    高津物語

    「逢えてよかったね ―小原孝と逢える街―」

    9月15日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/