高津区版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

連載第一〇〇七回高津物語「麻疹(はしか)」

 太平洋戦争の最中、東条英機内閣のプロパガンダ政策である「産めよ増やせよ!」を真に受け、父と母は二人の子を出産した。

 私の後の出産で妹と弟が、生まれた。誕生記念の写真を見て、見るからに頭の賢そうな女の子だった。

 美人薄命というが、生まれて一年くらいで死んでしまった。食べ物も無く、ドライ・ミルクも配給で少ししか手に入らなかった。

 季節が寒くなり、風邪をひき、肺炎を併発、高熱を発して死んでしまった。

 私はまだ幼稚園にもいかない幼児だったけれど、大人の話で、酸素ボンベが手に入らず、酸素ボンベさえあれば、命が助かるのに、という悲痛な話を聞いた。

 可哀想な妹を見て、私は代われるものなら代わってやりたいと、思ったものだ。

 お医者さんはこの時は溝口神社前の川浪先生で、自転車で往診して下さった。

 戦局が厳しくなり、大人の食べる物も欠乏し、耐乏生活を強いられた。

 続いて、その下の男の子も、肺炎で死んだ。

 麻疹―はしか、一生に一度の大患いと言われ、今日では疾病にもならないが、栄養状態の悪い江戸時代や物質の欠乏した太平洋戦争中など、麻疹に罹り肺炎を併発して死に至らせた。

 現在でも肺炎は死亡順位の第三位と高く、私の二番目の兄(立命館大学教授)も、肺炎で亡くなった。

 麻―しびれる、疹―温熱病の発疹を指し、麻疹に罹ると、発病して咳こみ、涙目になり、口中粘膜に白点を生ずるなどの症状を見せるのが特徴。

 熱が出てから三〜四日で出疹が始まり、頭、顔、胸、背中から手、足にも湿疹が出る。

 順調なら三、四日で発疹も隠れ、熱も引いて回復する、という。

 が問題は拗らした時。日頃から抉らす事のない様に日頃の細心の注意こそが必要なのだ。

 マスクを着用して、なるべく外出を控えて、人混みから遠ざかり、極力温かく安静にし、外出から帰ったら必ず含嗽薬で嗽をして、風邪に罹らない最善の準備をしておくべきだ、というのが長生きのコツだ。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇二一回

高津物語

11月17日号

高津物語

連載第一〇二〇回

高津物語

11月10日号

高津物語

連載第一〇一九回

高津物語

11月3日号

高津物語

連載第一〇一八回

高津物語

10月27日号

高津物語

連載第一〇一七回

高津物語

10月20日号

高津物語

連載第一〇一六回

高津物語

10月13日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二一回

    高津物語

    「宿屋」

    11月17日号

  • 高津物語

    連載第一〇二〇回

    高津物語

    「二子玉川」

    11月10日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク